お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2011/12/17
  • 執筆者: Yamaoka (10:40 pm)

組員死亡の犯人も!? 「関東連合」メンバーに殴られ暴力団幹部重体に続き……

カテゴリ: 右翼・暴力団
  「関東連合」といえば、本紙でも既報のように、大相撲・横綱だった朝青龍の引退に繋がったり、海老蔵事件でクローズ・アップされ、警察当局が暴力団と並行し、取り締まり強化をしている元暴走族の半グレ集団ーー。
 次々とめぼしいメンバーが逮捕され、大人しくしているのかと思ったら、12月14日午前3時前、東京都港区六本木の飲食店で飲んでいた指定暴力団・山口組系幹部ら4人を、約20名で襲い、暴力団側の幹部(43)が意識不明の重体に。
 多数のパトカーが現場に駆け付け、辺りは一時騒然となった。
 襲った側のメンバーすべてが「関東連合」だったわけではないが、その主体はここのようだ。
 トラブルの原因に関しては諸説出ているが、「暴力団側は何軒もハシゴし、相当に酔っていて、まったくというほど抵抗できなかった。一人はビール瓶で頭を殴られ、幸い、命に別状はなかったものの、頭蓋骨陥没。残りの3名を殴られ、指の骨を折るなどしている」(捜査関係者)とのことだ。

閲覧数 (34746)
  • 2011/12/17
  • 執筆者: Yamaoka (8:20 pm)

緊急連載:政府関係者激白?「原発事故は収束」は大嘘

カテゴリ: 経済事件 : 電力会社
  この連載?に続き、福島原発事故について政府関係者A氏の証言をさらに紹介しよう。(冒頭写真=「毎日」12月17日記事)
 政府は12月16日、原子力災害対策本部(本部長・野田佳彦首相)を開き、東京電力福島第一原発の原子炉が「冷温停止状態」になったと発表。大手マスコミは何ら検証せず、それをそのまま報じた。
 だが、連載?で見たように、実際のところ、メルトスルーした核燃料はどこにあるのか誰もハッキリとは確認できていないのだ。格納容器内に止まっていると東電などがいうのはあくまで推測、希望的観測でしかなく、そんな状況が「冷温停止」のわけがないではないか。
「いいですか。『冷温停止』の定義は3つあって、(1)圧力容器底部温度が100℃未満(2)原子炉の放射性物質の管理・抑制が出来ている(3)放射性汚染水を原子炉の冷却水に再利用する循環注水冷却システムの安定運転の維持が出来ている、この3つが揃って始めていえることなんです。
 いまの福島第一は(1)がかろうじて出来ているだけ。だから、冷温停止のわけがない。それなのに、勝手に定義を変え、そうだという。否、正確にいえば、『冷温停止』ではなく、『冷温停止状態』と“状態”が付いているが、現状はそんな状態に近くすらない。完全にウソ、デタラメといわざるを得ない」(A氏)
 それどころか、もし、1?4号機の1つでも原子炉格納容器内の核燃料が漏れ出ていれば(メルトスルー)、未だ首都圏崩壊の懸念さえあるというのだ。

閲覧数 (22652)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (135)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?