お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2011/12/24
  • 執筆者: Yamaoka (9:10 pm)

担当事務所トップは有名ヤメ検ーーコンプライアンス機能が働かない「ジェイ・ブリッジ」

 本紙は12月18日、東京地裁において、企業再生主体「ジェイ・ブリッジ」(JB。現「アジア・アライアンス・ホールディングス=AAH」。高森幸太郎代表=冒頭写真。東京都墨田区)が、同社が行ったサテライト事業(競輪施設賃貸業)に1億5000万円を投じた「ウェルタイム・キャピタル・ベンチャー・インク」なる海外ファンドから損害賠償を求めて提訴された訴訟の1審判決で全面敗訴したことを報じている(本紙既報後の12月20日にJBはようやくHPでIR)。
 この一連のトラブルのなかで、東証2部の企業ともあろうものが顧客の投資家に対し「詐害行為」をしたり、訴訟に勝つために償還時期を1年延長する書類を“偽造”するなど、信じがたい犯罪的行為をやっていたことが明らかになって来ている。
 こうした行為があったのは07年5月以降のことだが、ちょうどその5月1日付でJBには2人のコンプライアンス委員が就任している。その2人が属するのは「のぞみ総合法律事務所」(東京都千代田区)。同事務所の実質、トップを務めるのは矢田次男氏(上写真。バーニング所属・草彅剛と。公然わいせつ事件の際のもの)。元東京地検特捜部検事で、同事務所は日本航空、吉本興業、ジャニーズ、バーニングの顧問を務めるなど、矢田氏共々、業界ではかなり知られた存在。その事務所担当で、この有様とはどういうことなのか!?
しかも、コンプライアンス機能が杜撰な事例は、前出のウェルタイム関連事例に関してだけ見ても、他にも多数あるのだ。

閲覧数 (35315)
  • 2011/12/24
  • 執筆者: Yamaoka (6:10 pm)

<ミニ情報>ついに上場廃止になった「日本産業ホールディングス」

カテゴリ: 芸能・アイドル : 著名人
  報告が遅くなったが、札幌証券取引所はアンビシャス上場、IT端末販売主体の「日本産業ホールディングス」(東京都渋谷区)を来年1月23日付けで上場廃止にすると発表した。
 子会社も含め、以前から情報開示について訂正・追加が多く、証券取引所から改善を求められ、また社外調査委員会から再発防止のための内部統制システムの再構築を提言されていたにも拘わらず、一向に改善・是正を行ないことから、ついに証券取引所から匙を投げられた格好だ。
 表向きは子会社ATの売上高などの「虚偽記載」が決定的とされるが、本紙としてはそれ以上に、旧振興銀株の“飛ばし疑惑”の封印が幹部の不信感を高め、決定的だったと考える。現在は取締役会長に退いているが、最大の責任者は鮎川純太氏(冒頭写真)だろう。

閲覧数 (28943)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (135)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?