お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2012/02/10
  • 執筆者: Yamaoka (7:50 pm)

「バンダイ」御曹司の重大疑惑ーー「バンダイナムコ」大株主でいるための“裏スキーム” (?)

カテゴリ: 経済事件
 本紙では、昨年後半の「大王製紙」井川意高前会長の事件を契機に、同じく、上場企業創業者御曹司の疑惑ということで、玩具大手、東証1部「バンダイ」(現バンダイナムコホールディングス)の元社長・山科誠氏(冒頭右写真)の疑惑をいくつか取り上げて来た
 そのなかでも最も看過できない重大疑惑が、「バンダイナムコ」の大株主としての地位を保つためになされた“裏スキーム”に関するものだ。
 山科氏の個人会社のなかに「サンカ」という有限会社がある。
 バンダイナムコの有価証券報告書を見ると、山科氏は09年3月期までサンカを通じてバンダイナムコの10位内の大株主だったが、10年3月期には消えていることがわかる。(冒頭左写真の図参照のこと)
「山科さんが理事長に就いている『おもちゃ財団』の基本財産を少なくとも06年6月にはすでに個人流用していたことからもわかるように、かつては資産家だった山科さんですが、悪い取り巻き、そして計画性のない投資のために食い潰していき、05年6月からは虎の子のバンダイ株の処分も始めた。
 だが、そうするとサンカ名義の所有割合が減る、あるいは、サンカの名前が10位内から消えてしまうので、実はクレディスイス香港を介して所有株を担保に借株し、それを売却する手法で資金を作り借金を返していたんです」(横写真=そのスキームの図)
 それでも資金に窮し、結局、このスキームを終了。すなわち、遅くとも10年3月までにはこれまで所有していたバンダイナムコ株をすべて売却した結果、10年3月期にはサンカの名は大株主から消えたのだった。
 しかし、それではマズイ。
 そこで山科氏が次に考えたのが、単純に借株する方法だった。
 もう一度、 前掲の大株主の図を見ていただきたい。
 10年3月期、サンカの名前は消えたが、替わって、「バンクジュリウスベアアンドカンパニーリミテッド」なる会社が2・6%で登場している。
 これが、山科氏が借株した相手だった。
 でも、これでは対外的にバンクジュリウス=山科氏の株だとわからないだろうって? 確かに、その通りなのだが、山科氏はバンダイナムコ側には、「銀行側の錯誤の結果で、近くサンカの名義に戻る」と説明していた。
 どういうことなのか?

閲覧数 (33144)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (133)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?