お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2012/03/02
  • 執筆者: Yamaoka (4:40 pm)

AIJ投資顧問の企業年金問題ーーほとんど触れられない、「地方メディア企業年金」も50億円消失の事実

カテゴリ: 報道・マスコミ
  2月28日、「AIJ投資顧問」側が政府関係者に提出した資料から、同社に委託していた取引先の全容が明らかに。それによれば、49億5000万円で、残高上位11位に「民間放送」なる団体が入っていることがわかる(冒頭写真=「日経」2月29日記事より)。
 この間、マスコミではほとんど取り上げられていないが、この団体の正式名称は「民間放送厚生年金基金」(東京都千代田区)。地方の民間テレビ・ラジオ局など135社が加盟している。
 関係者によれば、民放厚生年金基金の運用資産は約720億円。委託割合は約7%とはいえ、その50億円近い資産がほぼ丸々戻って来ないのだからこれは痛い。(民放厚生年金基金のAIJの件に触れたHP記事は、ココをクリック
 と同時に、一般企業より情報収集力があるというか、この手の金融事件報道を手掛けるプロ(?)も騙されたとあっては面目ないだろう。しかも、これら地方民放各社の多くは、日テレやフジTVなど在京キー局系列で、在京キー局は、各大手新聞と密接な関係にある。
 当然、触れられたくないことだから、それを慮って新聞はあえて報じないということか?
 だが、ほとんど報じられない背景はそれだけではないようだ。関係者は、こう証言する。
「いま、民放連はこの件でバタバタしているよ。批判の声も上がっているようだしね」
 民放連は正式名称「日本民間放送連盟」。現会長は元テレ朝代表取締役会長・広瀬道貞氏(上写真)で、他の在京キー局元トップが軒並み副会長に名を連ねる。そして、民放厚生年金基金加盟社も民放連に所属しているが、理由はそれだけではないようだ。

閲覧数 (59269)
  • 2012/03/02
  • 執筆者: Yamaoka (2:20 pm)

「卒業までに朝鮮学校の無償化実現を」と、東京・渋谷で即時適用を求める緊急集会

カテゴリ: 国際 : 北朝鮮・韓国
 2010年度から実施されている高校授業料の無償化だが、朝鮮学校(民族学校)については今も適用が除外されているのはご存知の通り。昨年8月、菅直人前首相が文部科学省に対し、適用するか否かの審査をするように指示してから半年以上が経過している。
 こうしたなか、3月1日午後6時より、無償化の即時適用を求める緊急集会が東京・代々木公園にて開かれ、約1530人(主催者発表。冒頭写真)が参加した。
 主催したのは、朝鮮学校保護者の会、「高校無償化」からの朝鮮学校排除に反対する連絡会、フォーラム平和・人権・環境の3団体。
 冒頭、主催者の1人は「高校無償化と北朝鮮による拉致問題を混同してはならない。教育を受ける権利はどの子供にもある」と集会の意義を述べた。
 登壇した東京朝鮮中高級学校の高校2年生は、「民族の文化、言葉を学び、楽しい学校生活を過ごしたいだけなのに、政治や外交を理由にその願いが一蹴されている。大震災では日本人も朝鮮人もお互い協力できたはず。何とかしてぼくたちの代で無償化を実現したい」と語った。朝鮮大学校の1年生は「他の外国人学校は無償化が適用されている。民族の多様性を言うなら、文科省は国連人権委員会の勧告を受け入れて朝鮮学校にも無償化を適用して欲しい」と訴えた。

閲覧数 (105038)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (135)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?