お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2012/03/05
  • 執筆者: Yamaoka (8:30 pm)

<お知らせ>市議が東京地検に告発ーー前市長の疑惑についての習志野市議会審議の是非、3月9日に再採決

カテゴリ: 政治家 : 汚職(疑惑)
 本紙で徹底追及している、千葉県習志野市の荒木勇前市長(冒頭写真)の重大疑惑の件だが、市議会に新たに976件もの陳情書が提出されたことを受け、3月9日(金)開催の建設常任委員会で審議するかどうか、再度採決をするという。
 この疑惑とは、前市長があろうことか、暴力団との関わりもあると見られる不動産ブローカーに資金援助を受けて当選、その見返りにそのブローカーが所有していた土地を買い上げてやり、最低約34億円の損失を市に与えた。さらに、その購入土地一帯を再開発地区に指定し、今度はその地に「三菱地所」に高層マンションを立てさせ(下写真)、三菱地所側に配慮し、高齢者女性宅を正当な理由もなく強制執行して追い出したというもの。
 そのため、すでに市議から、前市長は東京地検に告発されてもいる
 ところが、これだけの疑惑にも拘わらず、過去、同様の陳情を受け、市議会として審議するか採決したことがあるが、3度とも否決されている
 そして4度目の採決が3月9日に行われる。
 採決前には、改めて、東京地検に告発した平川博文委員(市議)の発言もあり、一般の方でも傍聴可能とのことだ。(本庁舎5階会議室AB)

閲覧数 (26735)
  • 2012/03/05
  • 執筆者: Yamaoka (3:25 am)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(329)土壇場で増資に出た「インスパイアー」

 情報セキュリティーの大苦戦で主軸事業を転換中のジャスダック上場「インスパイアー」(東京都中央区。田頭純一社長=冒頭写真)が、土壇場で増資を行うと発表した。
 2月20日のことで、約3億2000万円の新株(但し、デッドエクイティスワップ。約4000万円は債務免除)と、行使されれば約1億円700万円になる新株予約権を発行するという。
 また、同日、太陽光発電システムの販売代理事業を開始すると発表。住宅リフォーム専念から太陽光に重点移行したジャスダック上場「ウエストホールディングス」(広島市)と業務提携してのことで、主軸事業に育てていくつもりのようだ。
 インスパイアーは現在、債務超過状態(昨年12月末で約3億4000万円)で、今年3月期までに解消しないと上場廃止になる。
 そこで、デッドエクイティと新株予約でその穴埋めをし、今後は太陽光発電システム販売(太陽光パネル=上写真)を主軸に、上場廃止を回避、生き残ろうというシナリオだ。
 だが、そのシナリオ通り行くか、はなはだ疑問と言わざるを得ない。

閲覧数 (25598)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (135)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?