お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2012/03/09
  • 執筆者: Yamaoka (11:53 pm)

社長の重大ハレンチ行為ーー「サマンサタバサ」の“円満解決”IRに原告側激怒!?

カテゴリ: 経済事件
 本紙詳報の、マザーズに上場している純国産ブランド大手「サマンサタバサジャパンリミテッド」(東京都港区)の寺田和正社長(46。冒頭右写真)による、モデルもしている女子大生A子さん(19。当時)への重大ハレンチ行為ーー提訴され、訴訟になったと思ったら、サマンサタバサのHPに、代理人弁護士同士「面会して話し合い、円満解決いたしましたのでお知らせいたします」とのIR(冒頭左写真)が載ったのは3月6日のことだった。
 発覚(2月29日)からその間、寺田社長の個人的問題とはいえ、そこは創業者社長で、大株主で、しかも若い女性が主要ターゲットだけに、サマンサタバサの株価は大きく下げていた(下写真)が、回復へ。事は口頭弁論が1度も開かれないまま、急転直下、“示談”となり、同社も寺田社長もさぞホッとしたことだろう。
 だが、どうやらそういうわけでもないようだ。
 関係者が証言する。
「“示談”の条件の一つは、互いに、そのことは一切他言しないでした。ところが、株価が下がったのが気になったのか、いずれにしろ、サマンサのHPで早速IRしたのは明らかに契約違反ですよ。原告のA子さん側関係者は“向こうが一方的に約束を破ったのだから、真実で公益性があれば、もはや黙っておく必要はない!”と、吐き捨ててましたよ」。
 こうしたなか、本紙に漏れ伝わって来た一つは、なぜ、あれほど許せないといっていたA子さんが、提訴を取り下げたのかその理由。
こんなにごく短期間で“示談”では、本紙も含め、A子さんの悔しい思いを汲んで記事にしたのに、うまくA子さんのカネ集めに利用されたカッコウといわれても仕方ないではないか。

閲覧数 (34447)
  • 2012/03/09
  • 執筆者: Yamaoka (10:40 pm)

<お知らせ>「久々に『野良犬ジャーナル』生放送ーーなぜ、最近の政治家はダメなのか!?」(3月10日午後6時スタート)

カテゴリ: お知らせ
 ジャーナリスト仲間の寺澤有氏(寺澤氏HPはココをクリック)と不定期でお送りしているインターネット報道番組『野良犬ジャーナル?事件の真相を追え!?』。実に約1年ぶりとなるが、3月10日(土)午後6時から生放送でお届けする。
【視聴用ホームページ】
↓↓↓↓↓↓↓↓クリック!↓↓↓↓↓↓↓↓
野良犬ジャーナル?事件の真相を追え!?

 今回のテーマは「なぜ、最近の政治家はダメなのか!?」。
 多くの国民は民主党支持ではなく、政権が変わると少しは政治がまともになると思い民主党に投票にしたのに、いまや自民党時代と同様、官僚と仲良しになり、野田政権はこのデフレ下に、財務省主導の増税(消費税アップ)実現に政権生命を賭ける有様。
 その一方で、橋下徹・大阪市長のようなファシストまがいの者が受け、「大阪維新の会」が国政選挙でも“台風の目”になる様相だ。
 なぜ、昔以上に昨今の政治家はダメになり、首相も小粒になったのか? そして、わが国の政治はどこに向かおうとしているのか? 政治ジャーナリストの渡邉正次郎氏と、経済政策に精通する「錦城再生研究」所長の豊田晃快氏に徹底討論してもらう。

渡邉正次郎(わたなべ・しょうじろう)
 芸能界から政界(国会議員秘書)を経て、現在、評論活動中。ニュースサイト『NewsToday』を運営。

豊田晃快(とよだ・てるよし)
 同志社大商学部卒。大阪経済大学経済学部大学院修士課程修了(消費税専攻)。大学再生をライフワークとする。
閲覧数 (24010)
  • 2012/03/09
  • 執筆者: Yamaoka (8:48 pm)

「春日電機」乗っ取り屋・篠原猛に懲役3年の実刑判決ーーその篠原に騙された細川徳生容疑者

 上場廃止になった「春日電機」(旧本社・東京都三鷹市。事業譲渡に)の資金5億5000万円を流出させたとして、会社法(特別背任罪)に問われた元社長・篠原猛被告(54)に対する判決が3月7日、東京地裁立川支部であり、懲役3年、追徴金約3200万円の実刑だった。
 篠原被告は自分がオーナーの「アインテスラ」などで春日電機株を買い占め、社長に就任。その9億円近い買収資金はすべて借り入れたものだった。そして、アインテスラに春日電機の資金5億5000万円を無担保で貸し出し大半を焦げ付かせるというデタラメなことをやり、春日電機を上場廃止に導いた。
 篠原被告は高卒後、職を転々とし、事業を起こしては潰していたが、99年に共同で設立した「オックスホールディングス」が03年1月ヘラクレス(現ジャスダック)に上場(09年3月上場廃止)し上場益を得てマネーゲームにのめりこむ。06年には東証1部、化学プラント主力の「木村化工機」株を買い占める。
 その時、資金を頼ったなかに、昨日、別件で逮捕された細川徳生(51)容疑者がいた。

閲覧数 (41549)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (135)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?