お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2012/03/29
  • 執筆者: Yamaoka (7:50 pm)

警備業ダントツ首位「セコム」の“問題商法”

カテゴリ: 経済事件
 2位の「綜合警備保障」と比べても、年間売上高は倍以上の約6600億円(総合は約2800億円)と、警備業界にあってダントツの首位を誇る「セコム」(東京都渋谷区。冒頭写真は本社ビルと飯田亮最高顧問)。
 いまや業務内容は警備業に止まらず、防犯・防災用品販売から病院経営や医療システム、情報セキュリティ分野全般のコンサルティングと幅広い。また、日本初の民営刑務所の経営にも関わっている。
 そのセコムの警備業、なかでも「セコム、してますか?」の長島茂雄氏のTVCM(下写真)で一躍知名度を上げた家庭用警備システム(セコムホームセキュリティー)に関し、顧客から“問題商法”ではないかと苦情の声が出ている。
 一度、契約したら、なかなか契約を解消できない商法を取っているというのだ。どういうことか?
 いうまでもなく、セコムといえば、いち早く機械警備を導入したことで知られ、それが業界首位になった最大要因といわれる。
 中堅不動産会社社長で、都内に豪邸を構えるAサンが、自宅警備のためにセコムと契約したのは05年10月のことだった。
 この時は自宅内に不審者が侵入した際にセコムの警備員が駆けつける汎用性のある一般システムのみ頼み、料金は月額1万5000円だった。

閲覧数 (33670)
  • 2012/03/29
  • 執筆者: Yamaoka (1:02 am)

<ミニ情報>当局注目の有名株式ブローカーが結集する「シスウェーブ」仕手戦

 3月26日掲載の「宝田陽平の兜町アンダーワールド」連載で、本紙はジャスダック上場「シスウェーブ」の株価急騰の怪について取り上げたが、やはり仕手化していただけでなく、そこには、当局も注目している複数の株式ブローカーが参加していることがわかった。
 過去にも、数々の“危ない上場企業”の増資引き受けに関与。金主のなかには暴力団筋もあれば、経営権を握って会社資産を食い荒らすケースも。法律にも抵触し得る、「資本のハイエナ」といっていい連中だ。

閲覧数 (42031)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (135)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?