お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2012/06/19
  • 執筆者: Yamaoka (11:50 pm)

「医療機関債」詐欺で、大手マスコミでは報道されなかった医療法人理事長の素性と、事件背景

 6月半ば、「東日本大震災で不足している透析ができる病院の資金集め」などと称し、高齢者を中心に、「医療機関債」を10数億円集めた医療法人社団「真匡会」(東京都新宿区。冒頭写真は入居ビル)の件が大手マスコミで報道された。
 同法人が唯一経営していた透析主体の病院「戸山公園クリニック」が5月末を持って実質、閉院に。
 それと同時に、取材に応じた同法人理事長は、「全国から13億円集め、一部返還したため、9億円あるはずだが、通帳には800万円しかないと聞いている」と他人事のようなコメント。集めた資金の大半が消えていることが明らかになったからだ。
 営業時、「国債や社債のようなもの」「預金のつもりで」などと多くの投資家はいわれていたようだが、そもそも「医療機関債」なるものは有価証券ではなく、したがって、金融商品取引法である程度、保護されている対象にも成り得ず、投資家は丸々大損になることはまず確実だろう。
 悪質極まりない詐欺事件だと思うのだが、大手マスコミ報道ではこの理事長の名は明かされず、また、どうして公的な性質を持つ医療法人で、こんなデタラメな資金集めが罷り通ったのか、その背景についての解説もされていない。
 そこで、以下、その理事長の素性を明かすと共に、本紙なりの背景についての見解を述べておく。

閲覧数 (73743)
  • 2012/06/19
  • 執筆者: Yamaoka (2:40 pm)

大飯町テント村、再稼働反対運動の拠点へ――再稼働阻止福井バスツアー同行記<その1>

カテゴリ: 経済事件 : 電力会社
 野田佳彦首相は6月16日、4閣僚会合で関西電力・大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働を決めた。前日には首相官邸前を1万人を越える市民が集まり、諸々の世論調査でも過半数が再稼動に反対するなかで行なわれた決定だ。民主主義の基本から考えても、「暴挙」といえる政治決断だろう。
 17日には福井県庁にほど近い、福井市中央公園で再稼動に反対する集会が開かれ、約2200人が集まった。再稼動に同意した西川一誠・福井県知事に対し、地元福井だけでなく、全国から反原発団体・個人が結集。福島の被災者をはじめ、80人にのぼる個人や団体が次々に登壇しアピールをおこなった(写真は福井集会の全景と、タレント千葉麗子が音頭によるシュプレヒコールの様子)。
 さて集会後、東京からバス6台でかけつけた「再稼働阻止福井バスツアー」の一団は、「ここまで来て大飯町にいかないわけにはいかない」と有志を募り、大飯現地にまで足を伸ばすことに。記者も急遽、同行取材することにした。
 その有志30数人は、「福島の女たちの会」(写真)、日本山妙法寺の住職、大学教員、敦賀原発で働いた経験のある方、あるいは最近反原発デモに参加したばかりの若者など様々。放射線量が高いため一時休校となった「沢入国際サーカス学校」(群馬県みどり市)の生徒の姿も。
 夕方、一団を載せたバスはおおい町へ。電源三法交付金によって作られたハコモノを眺めながら、おおい町総合運動公園に到着。この公園は「株式会社おおい」が管理・運営しているが、代表取締役を時岡忍・大飯町長がつとめる。


閲覧数 (35905)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (118)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?