お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2012/09/04
  • 執筆者: Yamaoka (11:39 pm)

<*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第188回 三原じゅん子参議院議員に物申す『君に竹島問題で発言する資格なし』」

 筆者・渡辺正次郎(作家・政治ジャーナリスト)。音楽専門誌の編集長の傍ら、藤圭子など多くの歌手を発掘。その後、政界に転身。二・二六事件の時に岡田啓介首相を救出、また、わが国の戦争終結に尽力した故・迫水久常参議院議員の秘書などを務める。現在は作家・政治ジャーナリストとして執筆の傍ら、政治家のブレーン、選挙参謀として活躍中。『この国の恥ずかしい人々』、『田中角栄の遺したもの』、『こんな政治家は辞職せよ!』(以上、日本文芸社)など著書多数。また、有料ブログ「正次郎のNEWS TODAY」(ここをクリックしても料金は取られません)を日替わり配信中。


 スケバン少女役以外、ほとんど「芸能の仕事のなかった」(女性誌記者)元芸能人が参議院議員になったら、さも偉い人にでもなった気でいるか・・・。
 北方領土も竹島も尖閣諸島も、三原じゅん子参議院議員(47。1期)が所属の自民党政権下で何一つ解決できなかったのを知らない、政治のセの字も知らぬくせに生意気な発言をしないことだ。
 まず、「夕刊フジ」で吠えた、彼女の勇ましい発言を紹介しよう。まさに女国士だが・・。
「我が国の主権を深く傷つける暴挙を許してはならない。これは民主党外交の破綻。民主党政権は他国から舐められている」
「武藤正敏駐韓日本大使を一時帰国させるというが、それでは手ぬるい。李大統領は軍のトップ。軽い抗議で済ませれば韓国をさらに増長させ、竹島の不法支配を強化させることになり、私は韓国との外交関係を見直すべきと思っている」
 さらに、
「中国もロシアも日本がどんな対応をするかを注視している。民主党政権が断固たる対応をしなければ、尖閣諸島や北方領土で乗じてくるはずだ。座して死を待つのは民主党だけにしてほしい。日本国民を悲劇に巻き込むことは私が許さない!」
と結んだ。
 さて、三原君、君の芸能界でのいろんな“私性活”を私は知っているだけに、信頼あるこの連載で取り上げること自体実は嫌なのだが、余りに世間知らず、歴史知らず、政治知らずの発言に見かね登場させることにした。
 君の怒りは私も同じだ。私も「約束したことをやらないことが悪いのか! 絶対にと約束したことを破って何故悪い!」という開き直り、タチの悪いイジメっ子を増やすような民主党政権には怒り心頭だが、この領土問題に限れば、民主党の責任はない。
 君の今回の勇ましい“無知無責任発言”は、遠い昔の君の出ていたドラマの”スケバン役”か、いま流行の行動も伴わない“ネトウヨ(ネット右翼)”発言でしかない。

閲覧数 (26821)
  • 2012/09/04
  • 執筆者: Yamaoka (2:04 am)

「12・14襲撃事件と、今回の六本木クラブ殺人事件の関係」

カテゴリ: 凶悪事件 : 殺人
 9月2日午前3時40分ごろ、東京は港区六本木の繁華街の中心、「ロアビル」2階のクラブ「フラワー」に目出し帽を被った約10人が押し入り、店にいた飲食店経営者・藤本亮介さん(31)の頭や顔面を鉄パイプや金属バットのようなもので乱打。藤本さんが死去したこの事件、すでに大手マスコミ既報の通り。(冒頭写真=「東スポ」9月4日付記事)
 早速、2チャンネルなどの匿名掲示板などでは、「関東連合」や「ドラゴン」との関係、あるいは、昨年12月14日未明に同じく六本木のクラブで起きた山口組系幹部ら襲撃事件と何らかの関係があるのでは、といった揣摩憶測が乱れ飛んでいる。
 実際のことろ、真相はどうなのか? 
 本紙では12・14事件後、その犯人は「関東連合」関係者と思われるところ、今年1月、その報復とも思える襲撃事件があったことをスッパ抜いている
 そうした複数の情報源に探りを入れてみた。

閲覧数 (36513)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (135)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ