お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2013/03/19
  • 執筆者: Yamaoka (11:40 pm)

安倍政権初の国政選挙ーー参院山口補選の自民党候補は“疑惑のデパート”

カテゴリ: 政治家 : 汚職(疑惑)
 4月28日に投開票となる参院山口補選は、安倍政権が誕生して初の国政選挙になる。
 安倍晋三首相(冒頭左写真。58)の実弟ながら、幼くして岸家の養子に入った岸信夫氏(同右写真。53)が、先の衆議院選挙で山口2区に鞍替えした(当選。参議院2期、衆議院1期)ことに伴って行われる。
単に安倍政権初の国政選挙に止まらず、実弟絡みの地元・山口でということで、自民党の力の入れ方は並々ならぬものがあると思うが、すでに自民党候補の当確は決定的だ。
 安倍首相の地元でそれでなくても当選は厳しいのに、民主党は昨日ようやく平岡秀夫元法相を擁立と候補者選定は大幅遅れ。他の候補者は共産党と幸福実現党公認しかいないからだ。
 だが、では自民党候補者がスンナリ当選するかというとそうとも断言はできない。
 自民党候補者は、安倍首相のお膝元・下関市長を4期勤めた江島潔前市長(上写真。55)だが、この江島氏、本紙は彼の市長時代、安倍首相も含め、様々な疑惑について書きまくっており、まさに“疑惑のデパート”といってもいい人物だからだ。
  一言でいえば、江島氏、当選すれば5期目となる前回下関市長選(09年3月)に出馬せず、この間、浪人生活を送っていたわけだが、「寝た子を起こしかねない、こんな人物をよく公認候補にしたものだ」というのが率直な感想だ。

閲覧数 (33063)
  • 2013/03/19
  • 執筆者: Yamaoka (8:02 pm)

塩田大介に懲役1年4月の実刑

カテゴリ: 右翼・暴力団
 本紙予告通り、本日午後1時、東京地裁において、本紙がウォッチしている塩田大介被告(=冒頭写真)の競売入札妨害容疑での判決があり、川田宏一裁判長は懲役1年4カ月(求刑懲役2年)の実刑判決を言い渡した。
 弁護側は「書類作成に関わった証拠はない」と無罪を主張したが、川田裁判長は「競売手続きの進行に応じて次々と虚偽の書面を裁判所に提出し、手口は巧妙で悪質」と判断しての結果のようだ。

閲覧数 (48096)
  • 2013/03/19
  • 執筆者: Yamaoka (1:23 am)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(377)上場企業の社員による不正事件

 まだ告訴にまで至っていないので、大手紙では「日経」しか報じていない模様だが、3月8日、ネットワーク専業首位「ネットワンシステムズ」(7518。東証1部。東京都品川区)は特別調査委員会の結果を自社HPにIR。元社員が外部業者らと共謀し、架空の外注費名目で自社に不正な請求を行わせる手口で会社資金を騙取したと断言(2月末で懲戒解雇)。その被害額は8年間で総額7億8910万円になるという。
 昨年の税務調査の過程で不正の疑いが浮上したという。当然、告訴となり、事件化は必至だろう。
(冒頭写真=ネットワンの株価チャート。決算書提出遅れを余儀なくされ下げる)

閲覧数 (29910)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (135)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ