お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2013/06/07
  • 執筆者: Yamaoka (11:40 pm)

警視庁OB+半グレVS暴力団ーー「レーサム」社長スキャンダル巡る、1億円窃盗事件の真相

カテゴリ: 警察 : 不祥事
  この5月9日から21日にかけ、警視庁は指定暴力団・山口組系の幹部ら計4名を逮捕、1人を指名手配していた。そのなかには直系ではないものの、有力直系組織の2次、3次団体組長が複数含まれ、かなり名の知られた者もいた。容疑は暴力行為等処罰法違反(冒頭写真=告訴状が出されていた署)。
 同容疑では、6月5日、山口組直系「英組」(大阪市西淀川区)の英五郎組長が大阪府警に逮捕されている。
 組のネット掲示板に「半グレが大きな顔をして歩く困った世の中。城下町だけでも許してはならない」などと書き込み、組員2名が組事務所近くの路上でたむろしていた若者の排除を指示したためとされる。
 この程度であるのに対し、警視庁が今回逮捕した案件は、直接の容疑こそ同じだが、その背後には本紙で過去、何度か報じている不動産資産運用会社「レーサム」(8890。JQ。東京都千代田区)の田中剛社長(横写真)が半グレT氏(29)に脅され、1億円支払うべく、その仲介を暴力団に頼んだところ、そのカネを持ち逃げされたという重大別件があった。
 だが、いま現在も警視庁はまったく広報していないし、大手マスコミの一部は逮捕事実を掴んでいるものの、一切報じない。
 これは、いったい、どういうことなのか?
(*本紙が一度5月15日に報じながら、諸事情から一時的に伏せていた記事につき、その後の情報も加味し、より詳細を報じるものです)

閲覧数 (109115)
  • 2013/06/07
  • 執筆者: Yamaoka (7:57 pm)

橋下発言、嶋大輔、アベノミクス、TPP、原発ーー「アクセスTV」7回目生放送終了

 PCトラブルのため、延期になっていた、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏との第7回目の「アクセスジャーナルTV」だが、6月6日(木)午後3時から(約90分)、今度は無事、放送することが出来た。
 橋下慰安婦発言を巡っては、本紙・山岡と評価が完全に対立(渡辺氏は擁護)。ただ、嶋大輔が自民党公認を外れたこと、アベノミクス(むしろ庶民からしたら景気悪化)、TPP(大反対)、原発(即、全面廃止を)では意見が一致。政界事情通でエピソードの多い渡辺氏と、現在進行形の裏事情に詳しい山岡と、全体的には話が何とか絡み合い、また、対立する部分でも渡辺氏の余りの過激、ないし真偽不明発言(?)と、どことなくユーモアある渡辺氏のキャラにも救われ、何とか最後まで放送できました。(*ココをクリックすると無料で見れます
 お時間の許す方は是非、一度少しでもご覧下さい。
 政治ネタがほとんどですが、まったく堅苦しくなく、時に漫才のようになっています。

閲覧数 (25496)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (133)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ