お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2013/07/19
  • 執筆者: Yamaoka (11:31 pm)

検査結果が注目される、あのツタンカーメン展関連ファンド会社

 つい数日前、証券取引等監視委員会の定期検査が終わり、その結果が注目されているファンド運営会社がある。
 本紙で過去、フジTVが主催し、大人気を博したツタンカーメン展関連ファンド(「エジプト秘宝展ファンド」。現在は修了)をやっていた関係から、何度か取り上げたところ、親会社(当時)から提訴された経緯があり、本紙とは因縁少なくないA社。
 本紙では特に報告してなかったが、親会社とは今年2月に和解になっていた(名誉毀損だとして5160万円の損害賠償請求、謝罪広告を請求されたが、損害賠償支払いなし、謝罪広告なし、若干の誰でも閲覧できる部分の記事訂正の条件で)。
 もちろん、新たな記事を書くことに制限が付くわけもなく、その後も本紙は注目していたところ、本紙の元に関係者から新たな情報提供があった。
 今年4月上旬より、金融庁(直接的には証券取引等監視員会)はA社の定期検査に入っていたが、様子がおかしいというのだ。(上写真=『週刊ポスト』12年10月19日号記事
「6月に入って、A社が『検査対応の報告』なる文書を顧客に郵送しているのですが、その内容というのは、証券取引等監視員会の検査に協力するためすべての入出金手続きを自粛するというものだからです。顧客の投資資金の新規、追加募集、配当、契約終了に伴う資金の返還、解約もです。こんなケース、聞いたことがありません」(以下に、その「報告」文書転載)
閲覧数 (36248)
  • 2013/07/19
  • 執筆者: Yamaoka (10:20 pm)

日大・田中理事長疑惑ーー元側近関係者による「告発文書」発表予告

カテゴリ: 教育 : 学校法人
  警視庁がマークしているということで、警視庁詰め記者も取材を進めていた、わが国最大のマンモス大学「日本大学」の田中英寿理事長(冒頭写真)の様々な疑惑ーーだが、今年に入ってから何度かXデーの情報が流れたものの結局、不発。それどころか、6月28日、田中氏は日本オリンピック委員会(JOC)の副会長に就任。疑惑がある者は、こんな公職に就けないだろうとの見方さえ出て来ている。
 こうしたなか、田中氏の裏の側近中の側近だったとされる者の関係者を名乗る者が、一部マスコミに対し、田中氏のスキャンダルを順次、発表していくと予告通知する動きがあり、一部関係者の間で話題になっている。
 その側近中の側近だったとされる人物とは、米本明祐氏(横写真)。
 日大評議員(日大ゴルフ部OB会副会長)などを務めていたが、この6月21日に末期がんで死去している。
(以下に、「予告文書」の一部転載)

閲覧数 (82015)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (130)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?