お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2015/08/18
  • 執筆者: Yamaoka (1:00 pm)

<お知らせ>「秘密保護法違憲訴訟」――8月21日(金)の第7回口頭弁論でいよいよ結審

カテゴリ: お知らせ
 本紙・山岡も参加したフリーランス表現者仲間43名による「秘密保護法違憲訴訟」は訴訟提起から1年を超え、いよいよ結審を迎える。
 安倍政権はいま、この秘密保護法と一体の関係にある「平和安全法制」という名の戦争法案を国民多数の反対・慎重意見を無視して強行成立を狙っている。ところが参院審議が始まった途端、自衛隊統合幕僚監部が作成した内部資料が流出。「シビリアンコントロールが取れていない」と、審議が中断しているのは大手メディア既報のとおり。
 内部文書がどのように流出したのか、その経緯は不明ながら、まさに秘密保護法で政府が最も取り締まりたかったであろう情報が流出したことになる。
 内部文書を暴露したのが共産党で、大手メディアではなかったのは、内部告発者が「どうせ大手メディアに渡しても報じてくれないだろう」と判断したのではないか。(内部文書は『赤旗』ホームページから読めます。ココをクリック)。
 さて、来たる8月21日の最終口頭弁論で意見陳述するのは、ジャーナリスト仲間の黒薮哲哉氏。かつて、新聞発行部数を水増しする、いわゆる「押し紙」問題の告発記事によって名誉を傷つけられたとして、読売新聞に訴えられたこともある。
 黒薮氏のほか原告24人が出廷予定であり、むろん山岡も出廷する。
 何しろこれで最後。是非、多くの人に参加していただきたい。

日時:8月21日(金)10:30から
場所:東京地裁101号法廷
(地下鉄「霞ヶ関駅」A1番出口すぐ)

※終了後は、裁判所隣の弁護士会館502号で報告集会を行います。こちらにもご参集ください。
閲覧数 (96615)
  • 2015/08/18
  • 執筆者: Yamaoka (1:50 am)

「東芝」不正会計問題が「東電」に飛び火!? 東芝の「スマートメーター」通信システム落札等巡り

カテゴリ: 政治 : 官僚
 4月に疑惑が持ち上がった「東芝」の不正会計問題は、歴代3社長(冒頭写真)辞任で上場が維持される公算大であるようだが、この問題が思わぬ方向に飛び火するとの声が出ている。
 その先とは、原発事故で信用失墜著しい「東京電力」。
 東芝の不正会計は3000億円規模に膨れ上がっているが、そのメーンの一つが「スマートメーター」関連。
 東芝は6月12日に同通信システムの開発設置で255億円の利益水増しがあったと公表している。
 このスマートメーター、「次世代電力計」といわれ、これまで一軒一軒家庭を回って月々の使用電力を検針していたものを、コンピュータで自動化。すると大きなコスト削減になる上、引越し時の検針で顧客立会いの手間がいらない、停電時に遠隔で通電状態を確認できるので復旧が早くできるなど、数々のメリットがあるという。
 このスマートメーターの採用を電力会社でいち早く導入したのが東電。13年5月、東芝とその子会社ランディス・ギア(スイス)、NTTグループなどの企業連合がこのスマートメーターの通信システムを落札。
 すでに東電は15年度からスマートメーター設置を本格化させており、全2700万世帯に23年までに導入を終える予定だという。市場規模は約3000億円。
 スマートメーター製造メーカーはたくさんあり、東芝が独占するわけではないものの、同社を始めとする企業連合のシステム採用となれば当然有利で、実際、昨年8月の640万台の入札結果を見ると3種類(30、60、120各A)のいずれも落札しているのは唯一、東芝系の「東光東芝メーターシステムズ」となっている。

閲覧数 (134653)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (135)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2015 8月  »  »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
(1) 2 3 4 ... 8 »