お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2015/09/28
  • 執筆者: Yamaoka (9:03 pm)

山口組が分裂するとの情報(13)山口組が山健組元幹部を引き抜き

カテゴリ: 右翼・暴力団
 久しぶりに山口組分裂に関する情報をお届けする。
 山口組の分裂騒動は情報戦の様相をますます色濃くしている。
 この間、週刊誌や夕刊紙などは分裂による抗争で血の雨が降るなど面白おかしく書き立てたが、実際、何も起きていないようにこうした見方は根拠がはなはだ薄い。約100人も死傷者が出た山一抗争(84年8月〜89年3月)後、暴力団排除条例などが出来、締め付けがひじょうに厳しくなっているわけで、そこで抗争となれば壊滅的打撃を受け得る。当時とは、時代状況が違うのだ。
 そんななかでは、情報戦がよりものをいう。
 この間、NHKまで報じた「山口組総本部名古屋移転計画」も同様。暴排条例で事務所新設など不可能で、やはりあり得ない。
 だが、それが分裂の大きな要因として報じられた。
 もっとも、これも情報戦の一環で、神戸山口組側が自分たちを正当化するために流しているとも。その一方で、当局が流し対立を煽っているとの見方もある。
 こうしたなか、本紙は信ぴょう性の高いと思われる人事情報を中心に報じ、伝聞や噂の類は出来るだけ排除して来たつもりだ。
 今回の山口組側が、分裂した神戸山口組側の中核を成している山健組元幹部を引き抜いたとの情報も、間違いないと見て報じるもの。さらに神戸山口組の新人事についても。

閲覧数 (97664)
  • 2015/09/28
  • 執筆者: Yamaoka (1:52 am)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(511)「芸能界の朝鮮問題」

 ヤフーは9月3日、中国、韓国情報を提供しているサーチナとの契約を解除した。サーチナといえば当初は中国経済ニュースが配信だったが、嫌中韓ニュースが増えて来ていた。
 ヤフーといってもソフトバンク・孫正義氏の影響下。虎の子である中国アリババや母国韓国への攻撃的なニュースはさすがに嫌になるだろう。オーナーが誰であるかを軽視した、サーチナのミスであろう。
 さて、今回は芸能界の朝鮮問題を取り上げてみる。
 昼のBSチャンネルをみると韓国ドラマの多いことでもわかる通り、芸能界は南北朝鮮に牛耳られている感がある。
 坂東英二は脱税を理由に芸能界を追放されたことになっているが、

閲覧数 (75100)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (130)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ