お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2015/10/31
  • 執筆者: Yamaoka (12:47 am)

公取も調査中ーー北海道最大手コンビニ会社が下請け会社との訴訟で敗訴

カテゴリ: 雇用 : コンビニ
「セイコーマート」(北海道札幌市)と聞いても、北海道以外の方はほとんどご存じないかも知れないが、北海道では「セブンーイレブン」などの大手御三家をも店舗数が上回り(1175店。今年8月末)、グループ年商は約1500億円という道内を代表する企業。他に茨城県85店舗、埼玉県にも13店舗ある。
 そのセイコーマートと、長年に渡り取引していた「斎川商店」(茨城県桜川市)という米販売会社の関連会社との会社実印引渡請求事件の一審判決が9月2日札幌地裁でありセイコーマートは敗訴(下写真=判決文)。同社は控訴しなかったことから、すでに判決確定し、セイコーマートは占有していた会社実印を斎川商店側に引き渡している。
 これだけみれば、単なる一民事事件に過ぎないかも知れないが、この判決、実は北海道を代表するセイコーマートの“終わりの始まり”と見る向きもある。
「セイコーマートは、そもそもは酒類問屋が得意先の小規模酒販売店の生き残り策としてコンビニエンス化したのが始まり。92年4月に1号店をオープンし急成長しました。その経緯から酒類はむろん、当初から生鮮食品も重点を置いて来た。大手コンビニと異なり、さらに強みなのは製造から物流、販売まで一貫してグループ内で行っていること。このため安売りも可能。新聞広告に安売りチラシを入れており、これも消費者の支持を得て北海道で最大手になれたんです」(地元事情通)
 だが、光があれば必ず影もあるということか。
 短期間に製造から物流、販売まで自前で出来るようになったのは、各種会社を“乗っ取って来た”からとの評がある。
「取引を始めると、やがてほとんどをセイコーマートだけに持って行く。するとセイコーマートとの決済が出来ないと取引相手会社は経営が成り立たなくなる。やがて実質、経営権を握り、その優越的地位を背景に取引価格を大幅にダンピングする。

閲覧数 (143777)
  • 2015/10/29
  • 執筆者: Yamaoka (8:32 pm)

国交省汚職ーー背後に北朝鮮、大物政治家関与説も

カテゴリ: 政治 : 官僚
 9月23日、警視庁捜査2課が羽田空港内のビジネスジェット向け格納庫の土地使用料滞納を巡り便宜を図った贈収賄容疑で収賄側、国土交通省航空局運輸安全課前係長・川村竜也被告(39)、それに贈賄側、「Wings of Life」(石川県金沢市)前社長・伊集院実こと金沢星(キム・テクソン)被告(61)を逮捕した国交省汚職事件(10月15日起訴)は、その後、50万円だけでなく、数百万円の現金、加えて90万円ほどのラスベガス家族旅行代まで川村被告は出してもらっていたことが明らかになっているが、すでに1係長の汚職事件として終結の方向だ。
 だが、本当にそれだけなのか?
 いま、永田町事情通の間ではそれだけではないのではないか、背後に北朝鮮、わが国大物政治家も関与していたのではないかとの見方さえ出ている。
 その根拠の1つは、大手マスコミは一切報じていないが、賃料を滞納していたWings社所有のジェット機格納庫(横写真=格納庫の図面)には、旧朝銀系信用組合が7億円の根抵当権を設定している事実(その登記簿は以下に掲載)。
 Wings社は12年4月、「日東航空整備」(東京都大田区)から格納庫を購入。その際は別会社からの借り入れで賄い、それから約1年3カ月後、旧朝銀系信用組合に借り換えている。

閲覧数 (145074)
  • 2015/10/29
  • 執筆者: Yamaoka (2:46 am)

あの局部切断事件ーー被害者弁護士、氏名隠す異例の公判始まる

カテゴリ: 警察 : 弁護士
 今年8月、自身の妻との関係を巡りトラブルになっていたところ、相手弁護士の事務所を訪ね、殴って卒倒させた後、ハサミで局部を切断した事件は、“現代版・阿部定の男性編”ともいわれずいぶん週刊誌などを賑わしたのはご記憶だろう。
 その加害者、傷害と銃刀法違反に問われた元プロボクサーにして、元慶應大法科大学院生・小番一騎被告(25)の初公判が10月28日、東京地裁であった。
 起訴状朗読と罪状認否(小番被告は起訴内容を認める)の後、弁護側は「被害者と被告妻とのメールのやりとりなど、事件と関係の薄い内容が多い」として検察側冒頭陳述の朗読を同意せず。これを裁判官(安東章)は認め、冒頭陳述は次回に延期された。
 が、もっと異例だったのは、公判冒頭、裁判官が被害者弁護士の氏名、所属弁護士事務所名まで伏せて進行する方針を明らかにしたことだ。

閲覧数 (118750)
  • 2015/10/29
  • 執筆者: Yamaoka (1:35 am)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(518)「地方の不動産投資は止めなさい!」

 アベノミクス以降、都心の不動産から始まった再開発ブームは地方中核都市へと広がっている。そして、超低金利の影響でサラリーマンでも5000万円以上のマンションを購入するケースがけっこうある。また、相続税が厳しくなってきておりタワーマンション購入やアパート経営も増えてきている。(冒頭写真はイメージです)
 ここで注意したいのは地方物件だ。
 札幌、仙台、福岡といった人口が増えている中核都市はまだいい。問題はそれ以下の県庁所在地都市以下である。
 実例を挙げよう。10万人程度の地方の市に住んでいる資産家は、20年ほど前、相続対策として自身の所有地300坪に6階建てマンションを建設した。建設費は7億円と伺っている。しかし、急激な人口減に地方大学の定員割れもあり賃貸では空室が増えてローンを支払えなくなってきた。当初、土地があるのだから払えなくなったら売却すればいいと考えていたが、築20年もとなると建物の劣化が目立ち始め、大規模修繕が必要になる。しかし見積もると2000万ほどかかる。ローンの支払いさえ困難なのにとても無理な話だ。
 今、都心の大規模再開発があちこちで行われているが、郊外の個人所有ビルは古いままでテナント募集しても入居者がいない。修繕費もない。なら売却すればいいのだが、先ほどの資産家は7億円借り入れて6億円近くすでに支払っている。十分間に合うと思うだろう。しかし物件価格はほぼゼロ。土地の評価は大きく値下がりし、

閲覧数 (72776)
  • 2015/10/28
  • 執筆者: Yamaoka (2:42 am)

パチンコ店と保育施設が同居ーー府中駅前複合ビルで管理組合・管理会社の癒着疑惑(2)

 本紙は9月14日、東京都のベットタウン、京王線「府中」駅南口直結の映画館も入る大型ショッピングセンター「くるる」(冒頭写真。黄色カッコ内が府中駅)の管理組合と、管理会社=「大和地所コミュニティライフ」(東京都港区)の癒着疑惑を報じた
 その直後、大和地所コミュニティの押川貴哉社長宛に配達証明付きで質問状を送付(下写真=その証明書)。
 そのなかで、前回取り上げたように、何ら問題なく入居していた店について追い出す一方、そもそも入居していること自体が違法とも思えるパチンコ店、雀荘は放置(質問状では、管理する立場から両店に照会も要求)するのは不公平とは思わないのか、と管理会社としての姿勢まで問うた。
 回答期限を10月7日午後6時までタップリ設け、真摯な対応を切にお願い申し上げますと訴えたのだが、まったく梨のつぶて。完全に取材拒否された。
 疑問の声を上げているのは、前回登場したY氏だけではない。
 地主のI氏も地代が異様に安いと声を上げたものの、大和地所コミュニティは話し合いを一切持たず、契約更新をI氏が拒否したところ、地代を供託し“不法占有”を続けているというのだ。
 こうした大和地所コミュニティの対応、もっと具体的にいえば管理組合幹部側に偏り、その意に沿わない関係者とは一切話し合いを持とうとしないと思わざるを得ない態度は、意見調整も管理会社の基本的な役割のはずで、これでは管理会社として無能と自ら示しているに等しいのではないか!?

閲覧数 (91650)
  • 2015/10/27
  • 執筆者: Yamaoka (11:51 pm)

住吉会系組長逮捕の裏事情

カテゴリ: 右翼・暴力団
 警視庁は10月26日、住吉会系組長・小林健二容疑者(60)を強迫容疑で逮捕した。
 小林容疑者は知人の会社役員に約4000万円を貸し、これに対し知人会社役員は返済したにも拘わらず、その後も小林容疑者はカネを要求。
「世の中の厳しさを教えてあげる」、「言葉がわからない者が行くよ」などと脅していたという。
 これだけ見れば、ありふれた暴力団特有の強迫行為に過ぎないが、実は今回の逮捕の背景には、こんな事情があるとの見方がある。

閲覧数 (95846)
  • 2015/10/27
  • 執筆者: Yamaoka (5:51 pm)

経産省前脱原発テント、控訴棄却の判決――「テントではなく原発を撤去せよ」と怒りの声

カテゴリ: 経済事件 : 電力会社
 10月26日(月)、国が経産省前脱原発テントの代表に対し、テントの撤去と損害賠償請求を求めていた裁判で、控訴審判決が下された。
 脱原発テントに関しては本紙も折りに触れ報じてきたが、本年2月26日、東京地裁が国側の主張を全面的に認め、テントの撤去及び、土地使用料として1日約2万1000円の支払いを命じる判決を出していた。しかしテント側がその仮執行を停止させ、控訴したため引き続きテントは維持されてきた。
 今回の判決で、東京高裁民事24部(高野伸裁判長)が下した判決は「控訴棄却」。国側の主張を全面的に認めたものだ。
 法廷を傍聴した人によると、「裁判長は『控訴を棄却する』と結論だけ述べてさっさと退廷してしまった。傍聴者は「理由を説明しろ」と抗議し、席に座り込んだ。すると全員が廷吏に“ごぼう抜き”で暴力的に排除されてしまった」とのこと。裁判所前でも約100人が「不当判決を許さないぞ」「撤去すべきは原発だ」と繰り返し叫んだ。
 午後4時から衆院第二議員会館で開かれた集会で、作家・鎌田慧氏や川内原発、伊方原発の再稼動に反対する市民団体などが判決と、安倍政権の原発政策を相次いで批判した。
 河合弘之弁護士は「原発が再稼動されても諦めない。自然エネルギーの活用を推進しよう。原発推進派の議員を落選させよう」と発言。大口昭彦弁護士は「公害裁判や医療過誤など、社会的に注目される事件の場合、結論だけ述べて終了、はありえない」と高野裁判長を厳しく批判。
 「原発いらない福島の女たちの会」の渡辺美代子さん(右写真)は「私の住む田村市は避難指示が解除され、避難者が一部、帰ってきている。でも除染しても元通りにはならない。帰ってから日が経つにつれ、みんなの顔が暗くなった。判決には納得いかない。子孫のためにがんばりたい」と声を詰まらせながら語った。
 弁護団は今後、最高裁への上告及び、テント撤去の仮執行の停止を求めるとしている。テント運営者も「今後、いつ経産省の官僚が執行官を引き連れて撤去しに来るかわからないが、非暴力・不服従の精神でテントを守ろう」として集会を締めくくった。
閲覧数 (133128)
  • 2015/10/26
  • 執筆者: Yamaoka (2:34 pm)

山口組が分裂(19)山口組元直系組長が拳銃自殺

カテゴリ: 右翼・暴力団
 本紙がこの連載(17)、(18)で指摘。この10月19日付で除籍処分と、つい先日まで山口組系直系組長だった人物が拳銃自殺を図ったことがわかった。(冒頭写真=「産経」午後2時17分ネット記事より。ただし死亡男性の氏名、肩書きも報じられていない)
 ほんの数時間前、自分の事務所でのこと。
 関係者によれば、腹を拳銃でブチ抜いており、直後に死亡しているとのことだ。
 この元組長、本紙既報のように、今回の山口組分裂騒動で、神戸山口組側から誘われ、最近、山口組の定例会に出なかったことも除籍処分の原因とされるだけに、今後の組員の動向(山口組と神戸山口組に分かれると見られている)と併せ、少なくない影響があるのは間違いないだろう。

閲覧数 (93050)
  • 2015/10/26
  • 執筆者: Yamaoka (1:32 am)

<芸能ミニ情報>第38回 プロ野球賭博問題の深い闇(3)問題の飲食店の正体(続き)

カテゴリ: 芸能・アイドル : 著名人
 このプロ野球巨人軍選手らの“溜まり場”になり、笠原将生・松本竜也両投手が野球賭博に引き込まれる契機になっていた可能性もある都内焼肉店(「O」チェーンのA)の経営者が、元巨人軍選手であることは21日に報じたが、その後の追加取材で、この元巨人軍経営者、思った以上に反社勢力との結びつきが強いと思われることがわかったので、追加報道する。(冒頭写真=「毎日」10月21日夕刊)

閲覧数 (93952)
  • 2015/10/25
  • 執筆者: Yamaoka (3:28 am)

<芸能ミニ情報>第37回 10年ぶりーーフジTVの大晦日格闘技番組放送再開に疑問の声

カテゴリ: 報道・マスコミ : 不祥事
 フジTVの亀山千広社長は10月23日、東京・お台場の同局定例会見の席で、この年末年始に10年ぶりに格闘技イベントを放送することを明らかにした。(冒頭写真左=『フラッシュ』06年6月27日号記事。右=フジTV本社)  
 大晦日開催の格闘技イベントを地上波で放送するのは05年の「PRIDE」以来10年ぶり。
 その格闘技イベントは、さいたまスーパーアリナーですでに開催が決定している格闘技団体「RIZIN」によるもの。桜庭和志対青木信也、PRIDE第2代ヘビー級王座、エメリヤーエンコ・ヒョードルの現役復帰カードなどが組まれているという。
 だが、一部で疑問の声が出ている。
 この団体RIZINの代表は、あのPRIDEの仕掛け人と同一人物だからだ。
 フジTVは06年に放送予定だったPRIDEの試合を直前にキャンセル。以降、PRIDEに一切関与しないとした。 
 表向きの理由は「契約違反」とされた。
 しかし、その真相は警察庁がPRIDEの主催団体は暴力団と不適切な関係にあるとして排除勧告したからだった。
 それなのに、なぜ、フジTVはそのことを知りながら、しかもより暴力団との関係がいわれる今日、よりによってそんな相手と契約したのかというわけだ。
 本紙は以前にも、フジTVが主催したエジプト展の資金元に反社関係者がいるとして報じたが、今回はそんなレベルの話では済まない。

閲覧数 (125660)
  • 2015/10/23
  • 執筆者: Yamaoka (11:13 pm)

VSウィン・リゾーツ訴訟ーー「ユニバーサルエンターテインメント」岡田会長の証言録取、26日から(於:米ラスベガス)

 フィリピンのカジノ建設に絡む4000万ドル送金についてワイロ疑惑まで出ると、元従業員が勝手にやったことと提訴しながら、この9月11日、一転、その請求を放棄するという実に不可解な行動を取ったパチスロ大手「ユニバーサルエンターテインメント」(旧アルゼ。6425。JQ。東京都江東区)−−そのユニバーサルの岡田和生会長(冒頭写真)が、10月26日から11月6日まで、米ネバダ州ラスベガスにおいて証言録取されることがわかった。
 ウィン・リゾーツ社との民事訴訟に関して。
 もっとも、岡田会長は証言録取のために訪米することをひじょうに嫌い争っていたが、9月1日、ネバダ州最高裁でその主張が棄却され、このまま出ないと大変不利になるということで、渋々出ることにしたようだ。

閲覧数 (157755)
  • 2015/10/23
  • 執筆者: Yamaoka (12:18 am)

山口組が分裂(18)山口組直系組長処分決定との情報(続)

カテゴリ: 右翼・暴力団
 一昨日に報じたこの件、まだ対外的には発表になっていないものの、すでに正式に決定していることがわかった。(冒頭写真=昨日、兵庫県警に形式犯で逮捕された神戸山口組の寺岡修若頭)
 また、山口組の分裂騒動とは直接的に関係ないとしていたが、実はこの件とも深く関わっていることがわかった。
 この件を追加報道する。

閲覧数 (91321)
  • 2015/10/21
  • 執筆者: Yamaoka (5:24 pm)

<芸能ミニ情報>第36回 プロ野球賭博問題の深い闇(2)問題の飲食店の正体

カテゴリ: 芸能・アイドル : 著名人
 福田聡志投手(32)が野球賭博に関与していた問題で告発を受け、調査を行っていた日本野球機構(NPB)は本日、中間報告を行った。
 それによれば、福田投手に取り立てにいったM氏を繋いだだけといっていた笠原将生投手(24)、それに松本竜也投手(22)も野球賭博を行っていたという。その回数は、福田投手より多く、笠原投手は10〜20試合、松本投手は10数試合とのことだ。本人も認めているという。
 本紙指摘通り、やはり野球賭博に関与していたのは福田投手1人だけはなかった。また、福田投手は裏カジノ(バカラ)もしていたという(賭け麻雀も。笠原投手も同)。
 だが、プロ野球賭博問題の闇はこの程度のものではない。
 ポイントは、今回の調査内容のなかで、笠原投手が別の飲食店経営者とも同様の賭け行為を行ったいたと認定した事実。
 実はその飲食店がプロ野球選手の溜まり場になっており、その背後に反社関係者がおり、そのなかで野球賭博などに染まっていった可能性がある。
 笠原投手は今季は中継ぎとして20試合に登板(勝敗なし)しただけ、松本投手は1軍経験なしだが、その飲食店に出入りしていたなかにはもっと大物の現役選手もいた。

閲覧数 (95128)
  • 2015/10/21
  • 執筆者: Yamaoka (2:52 am)

山口組が分裂(17)山口組直系組長処分決定との情報

カテゴリ: 右翼・暴力団
 昨日、組事務所の所在地に架空の会社を登記したとして、六代目山口組の最高幹部(若頭補佐)、「健心会」(大阪市)の江口健治会長が電磁的公正証書原本不実記録などの容疑で逮捕された(冒頭写真)ことは大手マスコミ既報の通り。
 分裂後の最高幹部逮捕は始めて。“形式犯”で、当局の真の狙いは分裂した2つの組織の実態解明とも見られる。
 そんななか、某山口組直系組長が処分されることが決まったとの情報が本紙に届いた。事実とすれば、やはり分裂後、初のこと。
 処分理由は、今回の分裂騒動とは直接の関係はないという。
 しかしながら、この直系組織初代は神戸山口組側の有力組織から昇格しただけに、処分が正式決定すれば、一部組員は神戸山口組側に行くという。
 また、そうした系譜から、山口組執行部側からはこの間、親神戸と見られて監視されていたとの情報もある。
 そんなわけで、いずれにしろ、今回の山口組分裂騒動に少なからぬ影響を与えると見られるので報じることにした。

閲覧数 (93405)
  • 2015/10/21
  • 執筆者: Yamaoka (12:49 am)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(517)クレアホールディングス、グローバルアジア、リミックスの共通裏人脈

 本紙は10月頭、“危ない上場企業”の代表的銘柄といっていい「クレアホールディングス」(旧東邦グローバルアソシエイツ。1757。東証2部。東京都港区)につき、関係者が「近く株価が2倍近くになる」と株式ブローカーなどにいって回っているようだが、いまのところ株価上昇の動きは現れていないと報じている。
 しかし、その直後に出来高が明らかに増え株価は上昇(冒頭写真=株価チャート)。
 クレアは少し前にはエンジンオイルメーカーとサービサーの買収を発表。さらに「ジパング」との合併話。そして10月13日には「日本ロジテック協同組合」と太陽光発電事業に関して業務提携も発表。あの手、この手の買い材料で、ついに30円台から一時54円(10月13日)まで上がっていた。
 むろん、そこでは俗に「解体」といわれる裏手口も使われていたようだ。

閲覧数 (69234)
  • 2015/10/19
  • 執筆者: Yamaoka (8:48 pm)

山口組が分裂(16)本紙が確認した引き抜きの実例

カテゴリ: 右翼・暴力団
 10月18日から本日にかけ、山口組を離脱した新組織「神戸山口組」の主要団体・山健組傘下組織幹部2名、山口組の六代目出身組織・弘道会傘下組織組長ら7名が相次いで逮捕されたのは大手マスコミ既報の通り。
 神戸山口組側は、愛知県名古屋市内の組事務所インターフォンを引きちぎられた報復として、再度やって来た組長に対する傷害容疑、山口組側はインターフォンを壊した暴力行為等処罰法違反(器物損壊)容疑。
 山健組傘下組織とは「健仁会」(名古屋市千種区。旧多三郎一家)のこと。一方の弘道会傘下とは、山口組ナンバー2・高山清司若頭(服役中)の出身組織「高山組」(名古屋市南区)組長ら。
 8月下旬の山口組分裂後、弘道会が本拠地を構える愛知県内で両組織のトラブルが表面化したのは初めてということで、当局は抗争に発展する可能性もあるとして警戒を強化しているという。
 抗争の火種になるといえば、両組織の水面下での引き抜きもそう。
 本紙は片岡昭生氏の引き抜きについていち早く報じたが、他にも確認できた引き抜きについて今回を機会に、2件報じておく。

閲覧数 (95363)
  • 2015/10/19
  • 執筆者: Yamaoka (4:41 pm)

<*新連載* 漢方専門家・平地治美の健康の勧め>「第11回 入浴時の注意事項」

カテゴリ: 医療・健康
 筆者・平地治美(薬剤師。鍼灸師)。漢方の良さを伝えるため、日々の臨床では治療だけではなく自然治癒力を高めるための“養生”の指導に特に力を入れ、一般の人たちへの健康指導を積極的に行う。朝日カルチャーセンター新宿、津田沼カルチャーセンター等で「女性のための漢方レッスン」「舌診入門」「季節の過ごし方と食養生」などの漢方関連の講座を担当。和光治療院・漢方薬局(千葉市若葉区TEL043-232-6258)で治療。千葉大学医学部医学院和漢診療学講座非常勤講師。京都大学伝統医療文化研究班員。日本伝統鍼灸学会理事。漢方三考塾講師。著書に『げきポカ』(ダイヤモンド社)、『舌を見る、動かす、食べるで健康になる』(日貿出版)。「平地治美の漢方ブログ発信中

 寒さが増して来るこの季節、体が温まる入浴の回数や時間が増えている方もいることでしょう。今回は漢方の養生法の一つ、この入浴についてです。
 入浴は、正しく行えば体を温め気の巡りを良くし健康を増進させますが、間違った方法で行うと漢方で重視する「気」を消耗し、逆に病気の原因を作ってしまいます。場合によっては死に至ることもあります。そこで、漢方的に正しい入浴法を解説します。
 貝原益軒の養生訓を紐解くと、意外なことがたくさん書いてあります。
・湯浴(ゆあみ:入浴のこと)は、しばしばすべからず。温気過て肌開け、身熱し、気上り、汗出、気減る。甚だ害あり。
・夏月以外は、しばしば浴すべからず。
・暑月の外、五日に一度沐(かみあら)ひ、十日に一度浴す。
 このように、入浴を頻繁に行うことを戒めています。
 入浴して発汗すると、汗と共に気が漏れる、という考えからです。10日に1度というのは、江戸時代は暖房器具もなかったためということもあるかと思いますが、毎日入浴しなくてはならないという思い込みは捨てた方が良いでしょう。
 では具体的にどのように入浴すればよいのでしょう?

閲覧数 (77775)
  • 2015/10/17
  • 執筆者: Yamaoka (7:55 pm)

<お知らせ>本紙・山岡が講演ーー「事件記者が振り返るー真実を語らないマスコミの実態ー」(「文教大学」図書館講座)

 昨日、「文教大学」の今年度図書館講座の講師に本紙・山岡は呼ばれ、マスコミ志望、マスコミに関心がある同大の学生・教職員向けに、「事件記者が振り返るー真実を語らないマスコミの実態ー」のタイトルで講演(90分)を行って来た(於:湘南キャンパス)。
 山岡が体験した実例を上げ、いまの大手マスコミがいかに権力側に迎合、自粛し真相を伝えないことがあるか、また、その理由について持論を述べて来た。
 印象深いのは、最後のQ&Aでの学生からのこんな質問。
「では、どうすればマスコミ報道で物事を知るしかない私たちは真相を知ればいいんですか?」
 返す言葉が見つからず、山岡もマスゴミの一員としてただ自分の無力さを謝るしかなかった。

閲覧数 (97270)
  • 2015/10/17
  • 執筆者: Yamaoka (6:59 pm)

あの「真珠宮ビル」跡地買収に名乗りを上げた協同組合の正体(3)JR東日本社長の偽造文書も登場

カテゴリ: 経済事件 : JR
 東京は新宿駅南口のすぐ近く、JR東日本本社ビルの横という一等地にも拘わらず、山口組系有力直系組織だった「後藤組」の後藤忠政組長(当時)が電磁的公正証書原本不実記載容疑で逮捕されるなどしたことから、未だ更地(駐車場としては利用)のままになっている真珠宮ビル跡地(冒頭写真)ーーその謄本に「不動産業振興協同組合」(東京都新宿区)が売買予約の所有権移転仮登記を付けたのは今年8月21日のことだった。そして売買代金支払い期限10月8日を過ぎた。
 この日までに入金がなければ手付金の3億円は没収のはず。
 登記書き換え中でまだ閲覧できないが、いったい、この結果はどうなったのか?

閲覧数 (122087)
  • 2015/10/15
  • 執筆者: Yamaoka (7:51 pm)

「May J.」の楽曲パクリ疑惑が発端ーー音楽事務所社長VS「エイベックス」訴訟、ついに結審に

 本紙がウォッチしている、昨年末、NHK紅白出場も果たした歌手「May J.」の楽曲パクリ疑惑ーーその件で、ついに被害に会ったという音楽事務所「サウンド・フューチャー」(東京都墨田区)の加藤豊社長(=冒頭写真)が、レーベルの親会社である「エイベックス・グループ・ホールディングス」(7860。東証1部。代表取締役社長CEO・松浦勝人。東京都港区)などを相手取って東京地裁に提訴したのは本紙既報の通り
 その第4回目の口頭弁論が10月6日午後4時からあったので、第1回目第2回目第3回目に続き報告する。

閲覧数 (133265)
(1) 2 »
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (129)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2015 10月  »  »
27 28 29 30 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
(1) 2 3 4 ... 8 »