お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2016/03/22
  • 執筆者: Yamaoka (11:06 pm)

いよいよ28日理事長選ーー外部理事投票権を封じた八角理事長

カテゴリ: 芸能・アイドル
 3月21日の本紙記事で、宗像紀夫・相撲協会外部理事(元大阪高検検事長)が『週刊新潮』(3月17日号。3月10日発売)に登場し、「八角理事長に投票しないと殺すぞ!」との脅迫電話が外部理事にあったことを公言したことは述べた
 これに対し、鈴木宗男元代議士が反応している。
 3月14日発売の「日刊ゲンダイ」記事(下写真)は、宗像氏は脅迫電話が外部理事にあったというが、そもそも外部理事に投票権はないことが相撲協会の定款で決まっていると。さすがに、あからさまに書いていないが、そう疑問を呈し、貴乃花一派が来る理事長選を有利にするために脅迫電話の件をデッチ上げたかのように匂わせている。
 この記事を受け、鈴木氏は発売翌日の3月15日、自身のネット上の日記で、同記事を引用し、「よく『捕らえて見れば我が子なり」という言葉があるが、(貴乃花は)改革派ぶっているが権力を握り私物化を図っているのは実にこの連中ではないかと胸にストンと落ちる話である」とまで書いている(冒頭写真)。
 以前から、八角理事長側に鈴木氏が、大手食肉会社と共に付いていると指摘されていたが、それが証明された格好だ。
 また、この鈴木氏の発言、事、外部理事の投票権に関してはその通りのようにも思えるが、実は真相はそうではないようなのだ。

閲覧数 (178844)
  • 2016/03/22
  • 執筆者: Yamaoka (8:52 pm)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(552)「仕手筋御用達証券会社」の借名手口

 都心なのに過疎化が進む兜町界隈ーーアベノミクスで余命が3年伸びたが、これからが退場本番であろう。
 既に兜町の有力証券会社である「極東証券」(8706。東証1部)は、今月を持ってディーリング部門を閉鎖する。同社は内容が良いため撤退できるから恵まれている。しかし地場証券の多くは延々と赤字続きのリテール部門を切りたくても切れないのが現実だ。
 そうなると、なかには手数料欲しさに他社では取引停止の投資家からの注文も喜んで受け付けるところも出て来るかも。
「風説の流布」などと訴えられても困るので社名は伏せておくが、すでにそんな証券会社は存在する。何度増資をやっても、すぐに自己資本比率200%すれすれになる某社のことだ。
 ところがその某社、何と15億円で売りに出ているとの話だ。もちろんそんな価値はない。数年前、あるファンドから資金を引っ張って来たが、そのファンドに著名人Y氏が関わっていたようだ。他社で取引できない客でも受け付ける体質はあいかわらず健在で、手数料を落とす客には裏で色々と取り計らっている。

閲覧数 (78451)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (127)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ