お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2018/07/18
  • 執筆者: Yamaoka (5:25 pm)

<ミニ情報>田邊勝己弁護士恐喝事件ーー否認の中山被告にも執行猶予判決

カテゴリ: 警察 : 弁護士
 予定通り、本日午後1時15分から中山利彦被告に対する判決があり、懲役3年執行猶予4年だった。
 本紙既報通り、この恐喝(と恐喝未遂)事件は田邊勝己弁護士(冒頭右写真。「カイロス総合法律事務所」代表。「アクロディア」=3823=マザーズの実質オーナーでもある)と元稲川会組員・石坂幸久(冒頭左写真)により作られた重大疑惑があるなか、「週刊報道サイト」の佐藤昇などは、その田邊弁護士の圧力に屈し、全面的に罪を認め、おまけに、逆恨みし本紙・山岡をデッチ上げ逮捕させようと動いているなか、虚偽証言までしてそれに加担した。
 それは偏に自己保身のためだが、結局、結果からすれば、そんなことまでしなくても、当初から否認していれば執行猶予は取れていたし、佐藤は懲役3年執行猶予5年(前出・石坂も)、対して中山被告が懲役3年執行猶予4年の事実を思えば、逆にもっと軽い判決だった可能性さえあるようだ。
閲覧数 (303497)
  • 2018/07/18
  • 執筆者: Yamaoka (3:56 pm)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(685)あの国重氏がブログを始めていた(+近況)

 本紙並びに本欄でも何度も取り上げたことのある元住友銀行MOF担、元楽天副社長の国重惇史氏(72)がLINEブログ(冒頭写真)を始めていたではないか。
 ざっと読んでみたが、正直といえば正直だ。住銀時代は将来嘱望されたエリートだったにも関わらず女性関係で干されたと告白しているが、日本橋支店長時代はそれだけではなかったことは大体分かっている。
 しかし突込みを入れられたくないところは書いておらず、その点は隙がない。さて、今回取り上げるのは、しばらく音沙汰なかった同氏に関する新たな情報が入って来たためだ。

閲覧数 (289862)
  • 2018/07/18
  • 執筆者: Yamaoka (3:34 am)

<ミニ情報>本紙スクープの安倍首相重大疑惑につき、山本太郎参議院議員が安倍首相に質問!!

カテゴリ: 安倍晋三
 ついに、本紙がスクープした安倍首相重大疑惑が弾けそうだ。
昨日のカジノ法案を審議する参議院内閣委員会で、山本太郎委員が質問。
 カジノをわが国で行うに当たり、反社会勢力が入るようなことがあってはならないが、その最高責任者である安倍総理自身ないし事務所が、99年の地元下関市の市長選挙で、対立候補の選挙妨害を反社会勢力に属するような人物に頼んでいたのだから、「カジノを止めるか、総理を辞めるか」の二者択一しかないと迫った。
 これに対し、当然ながら、答弁に立った安倍首相は、こちら側は秘書に対する300万円の恐喝事件(ただし起訴猶予)も発生する中、そうした脅しに屈しなかったからこそ、「自分と妻が寝ていた自宅に火炎ビンを投げ込まれた」と被害者であることを強調、また選挙妨害の見返りが実行されなかったとの主張(判決文より)はあくまで被告側の言い分に過ぎないと答弁したが、山本委員は犯行以前、そういう関係者に選挙妨害を頼んだことが問題だと迫った。
 ほどなく別質問に移ったものの、今後も同委員会で追及していくようだ。
 大手マスコミはまだ報じていないが、いよいよ大きな疑惑に発展するのは必至の情勢になって来た。
 ちなみに、その選挙妨害は当時、安倍首相の子飼いだった江島潔氏の市長2期目当選のために依頼。そして現在、その江島氏は参議院議員になり、しかもこの内閣委員会に所属している。
(*山本委員の昨日の質問映像はココをクリニックのこと)
閲覧数 (281932)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (119)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ