お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2019/01/31
  • 執筆者: Yamaoka (7:03 pm)

<ミニ情報>広告業界のトップクリエイターに不倫、妊娠疑惑!?

 広告業界でかなり著名なトップクリエイターに、酷いセクハラがあるとする情報が出ている。(冒頭写真はイメージです)
 不倫したばかりか、相手女性を妊娠させ、女性は出産。女性はそのトップクリエイターに子どもの認知と養育費を求めているが、拒否されているという内容。
 これに対し、女性本人は「告発シート」なるものを作り広告業界に送っているので、炎上し始めているという。

閲覧数 (223109)
  • 2019/01/31
  • 執筆者: Yamaoka (4:15 pm)

<記事紹介>個人の請求権は消滅していないーー元徴用工への韓国大法院賠償命令(『サンデー毎日』2月3日、10日号記事)

カテゴリ: 国際 : 北朝鮮・韓国
 安倍政権は、昨年10月30日に韓国大法院(最高裁)が新日鉄住金に対し元徴用工への損害賠償を命じる判決を出したことに対し、「65年の日韓請求権協定2条で、完全かつ最終的に解決しており、判決は国際法に照らしてあり得ない判断」と批判している。
そして、わが国大手マスコミはその政府見解をそのまま報じている。
 しかし、「完全かつ最終的に解決」したのは日韓政府間のことで、個人の請求権までは消滅したわけではないと、誰かがいっていた記憶があるのだが、どこの大手マスコミも触れないので聞き間違いではないかと思っていた。
 ところが、先週出た『サンデー毎日』(2月3日号)の高村薫の「サンデー時評」で、あたかも韓国の司法が国際法を無視していると言わんばかりだが、こう述べられており、記憶違いでないことがわかった。
「1991年の(わが国)外務省の国会答弁で、当該の協定(65年の日韓請求権協定)については、個人の請求権の消滅は意味しないとされた」。「韓国の司法は、そもそも慰安婦や徴用工のような反人道的不法行為は日韓請求権協定の埒外という立場であり、それに従って新日鉄に対する個人の訴えを認めたに過ぎない」。
 また、今週発売の『サンデー毎日』(2月10日号)の『倉重篤郎のニュース最前線』でも、登場した志位和夫共産党委員長は「河野太郎外相が昨年11月14日の衆院外務委員会で『個人の請求権が消滅したと申し上げるわけではございません』と明言している」。そして、同じく登場した田中均元外務審議官は「徴用工問題について日本外交のトップが韓国大法院の判決を『暴挙』と激しく批判することで、得られるものは何か。国内の反韓感情を代弁し結果的に両国の反感を煽ることになっても問題を外交的に解決することにはつながらない」と疑問を呈している。
 それにしても、いつも中立性を謳い、どっちつかずの曖昧な報道をする大手マスコミだが、ならば、韓国大法院の賠償命令を報じるに当たっては「個人の請求権は消滅していない」の事実も報じなければ中立性を保てないのではないか。
 それをしないのは安倍一強の下、これまた忖度の結果なのか!?
閲覧数 (212064)
  • 2019/01/31
  • 執筆者: Yamaoka (3:36 am)

大手マスコミも報じ出した、大牟田市「約半年間に社員3人自殺」

カテゴリ: 右翼・暴力団
 本紙がいち早く昨年11月1日には指摘していた福岡県大牟田市の会社で「(昨年)約半年間に社員3人自殺」の件につき、大手マスコミでもようやく報じ出した。
 きっかけは、やはり本紙がいち早く報じた、その疑惑の会社オーナーが1月29日に暴行容疑で逮捕されたこと。すると「NHK福岡放送局」が同日夕方、社内でパワハラが日常的に繰り返されていた可能性があるとして、警察はオーナーから話を聞くなどして、詳しいいきさつを調べることにしていると報道。しかし、このニュースでも知ってか知らずか、そのオーナーが逮捕されたことに触れていない。
 そして翌1月23日夕方になり、ようやく「九州朝日放送」が知人に対する暴行容疑でオーナーが29日逮捕、30日送検と指摘。そして、このオーナーの会社で昨年5〜10月にかけ、30〜40代の男性従業員3人が相次いで首をつるなど自殺しているが、このオーナーが自殺した従業員に罵声を浴びせたり脅したりするなどのパワハラを日常的に繰り返していたと見られ、警察は3人が自殺した経緯なども慎重に調べる方針という。同じころ、「RKB毎日放送」も3人自殺の件を報じたが、なおオーナー逮捕の件には触れていない。
 このように未だにこの件、ローカルでした報じられていないし、しかも逮捕されているにも拘わらず、オーナーの実名も会社名も伏せられている。
 なぜなのか?

閲覧数 (227955)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (128)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 1月  »  »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
(1) 2 3 4 ... 8 »