お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2019/04/04
  • 執筆者: Yamaoka (10:33 pm)

「社員3人が自殺」の大牟田市の実質経営者、3度目逮捕の件で起訴に

カテゴリ: 凶悪事件 : 殺人
 わずか半年ほどの間に「社員3人が自殺」していることからその件も視野に、さらには地元の指定暴力団「浪川会」(福岡県大牟田市)の壊滅作戦の一環とも見られることなどから、本紙でウォッチし続けている元暴力団組長で、「MRコーポレーション」(福岡県大牟田市)の実質的経営者、中嶋全克被告(冒頭写真。44)ーー。
 3度目逮捕の満期勾留を迎えるなか、福岡地検は4月3日、中嶋被告を犯人隠避容疑で起訴、そして起訴勾留になっていることがわかった。
 本紙既報のように、中嶋被告が逮捕を免れさせる目的で蔵匿した(匿っていた)のは指定暴力団「浪川会」(本部・福岡県大牟田市)の現役組員・岡野勝英。
 岡野は公務執行妨害等の容疑で逮捕状が出ていたが、以前から懇意な中嶋被告は昨年8月21日から29日まで福岡市博多区内のホテルNに、さらに同30日から9月3日まで柳川市内の同じ系列ホテルNに宿泊させていた。
 しかも、単に匿うだけでなく、岡野は覚せい剤を使用しており(しかも執行猶予中)、その“クスリ抜き”の目的もあったと思われること、この期間、一緒に食事までしていたことも本紙既報の通り。

閲覧数 (52207)
  • 2019/04/04
  • 執筆者: Yamaoka (2:24 am)

安倍昭恵氏が名誉会長を務めるNPO法人理事長に反社疑惑(続き)

カテゴリ: 安倍晋三
 3月28日に報じた記事は大きな反響があった。
 夫人の安倍昭恵氏がこのNPO法人「US−Japan LINK」(東京都港区)の名誉会長を務めるだけでなく、前身の活動から20周年の16年12月、現役首相の安倍晋三氏自身も夫人と共にその記念講演会に出て挨拶するほど、「産経」政治部元記者で理事長・田村玲子氏とは親しい。
 しかもこのNPO法人、わが国外交・安保問題に特化した団体といえば高尚な感じがしないでもないが、前回記事でも述べたように、駐留米兵3名が沖縄の小学生を拉致・強姦したがこの3名は日本側に引き渡されず、沖縄県民の間に反基地・反米感情が高まるなか、何より日米安保が大事として、在日米軍と防衛省・自衛隊との一層の交流を深めるために設立された団体。いまの米軍基地辺野古移転強行と通じるものがある。(冒頭写真=10年5月21日、山崎直子宇宙飛行士を囲む懇談会での安倍夫婦と田村理事長=後方左の立っている女性=)
 その田村理事長の反社疑惑ももちろんだが、資金難から、東京都に届出をしている住所に事務所は存在しない。これは、特定非営利活動法人の認証取り消し要因にならないのか。
 横に掲げたのは、主たる事務所として届けられている東京都港区南青山3丁目マンション9階の部屋入り口と1階の郵便受け。
 この903号室玄関ドアには誰も勝手に入られないように南京錠で施錠され、玄関ブザーを押しても音がそもそもしない。そして郵便受けにはテープが張られ郵便物が入れられないようになっており、人が住んでないのは明らかだ。
 それもそのはず。この建物、耐震改修できないということで来年3月一杯までの退去通告が出ており、既に大半の住民が出ていっている。
 それにしても、こんなNPO法人の理事にいったい、どんな者が就いているのか。
 謄本を取ってみたところ、現在登記に出て来る田村氏以外の5人は以下の各氏。
 柳井俊二(元外務事務次官、元駐米大使)、相原宏徳(元三菱商事副社長)、秋山昌廣(元防衛事務次官)、星野俊也(国際連合日本政府代表部大使次席常駐代表)、久保文男(政治評論家。元共同通信論説委員)。
 しかし、実はこの内、相原氏、久保両氏はずいぶん前に亡くなっている。これはどういうことなのか。

閲覧数 (54583)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (129)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ