お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2019/06/08
  • 執筆者: Yamaoka (11:56 pm)

本当に国策捜査だったーーすでに他の被告訴人2人は事情聴取中。「見城マター」と警視庁筋

カテゴリ: 安倍晋三
「事実は小説より奇なり」どころの話ではない。「国策捜査か」と第一弾記事を報じたところ、警視庁筋から、そうとしか思えないとの有力な情報提供があった。
 そのディープ・スロート氏、何と「見城マター」として警視庁本庁に上がって来たという。
 そして、最初は何のことかわからなかったが、調べてみたら、第一弾記事で、この件はそもそも、本紙アクセスジャーナルで昨年10月10日に報じた<芸能ミニ情報>において、森友里恵が買春相手(未遂)として「青山メインランド」の西原良三社長(告訴人)の名を出したことに端を発すると報じているが、その情報を本紙に提供した小林英雄氏(下写真)が、安倍首相とお友だちの大手出版社「幻冬舎」(東京都渋谷区)の見城徹社長に繋がることがわかり腑に落ちたと解説してくれた。
「安倍首相の自宅放火未遂事件の闇に加え、安倍内閣を支える秋元司内閣府副大臣の疑惑、『ポスト加計』の国際医療福祉大学のことも書いて裁判やってるでしょう。見城とは面識ある?(山岡「ない」)ともかく、安倍応援団の見城としては山岡さんの存在が煙たくて仕方ない。これから選挙なのに、東京新聞の望月さんの本も出て、また放火未遂事件も騒がれそうだし、それで忖度したのでは」(ディープ・スロート氏)
 そして、すでに竹之内昌虎、松浦正親両氏は事情聴取を受けているとも。
 その指摘の小林氏、「NEWS PROMOTION」をやる前は「パールハーバープロダクション」(東京都渋谷区)という別の芸能プロダクションの社長をしていた。そのパールハーバーと同じビルに入居している「ASCHE(アッシュ)」という別のプロダクションと業務提携して文化人の第1号として売り出したのが有名な財界人ヨイショで知られる「経済界」OBの佐藤尊徳氏。なお、この佐藤氏の出版社「損得舎」もパールハーバー、アッシュのビルに同居。また、小林氏はアッシュの取締役を務めていたこともある。
 つまり小林氏=佐藤氏と見城氏は懇意で、冒頭写真のように、安倍首相と一緒に総理公邸の西階段(=組閣の際に新閣僚がひな壇状に並んで記念撮影している場所)で撮影した写真が『フライデー』(15年7月10日号)にスッパ抜かれたことも(黄色カコミが佐藤氏。前段左が見城、右が秋元康氏)。同記事によれば、佐藤氏も安倍首相とゴルフも会食もする仲という。
 読者は、見城氏に繋がるのが下半身事情をスッパ抜かれた西原社長ならわかるが、西原社長の情報を本紙・山岡に出した小林社長といわれても納得いかないかも知れない。
 しかしながら、この世界では利害が一致すれば何でもあり。実際、本紙が下半身ネタを報じた後(それも西原社長をイニシャルに替えた後)、なぜか西原社長側が小林社長側に弁護士を介して買春の件が証人尋問で出た訴訟の取り下げを依頼。金額次第と、両者が交渉を行っていた事実を本紙は把握している。念のために断っておくが、本紙は記事を書くにあたり小林社長から一銭だってもらっていない。
 それにしても、記事を書いてあげたにも拘わらず、話をねじ曲げ、西原社長とくっついたとの情報が本当なら余りに酷い話というか、権力はそこまでやるかということだ。
閲覧数 (53251)
  • 2019/06/08
  • 執筆者: Yamaoka (4:42 am)

国策捜査かーー本紙・山岡が反社会勢力とつるんで恐喝!?

カテゴリ: 安倍晋三
 そもそも事実無根であり、常識的にはあり得ない話なのだが、この数日の間に、複数の筋から本紙・山岡のことを心配して情報提供があり、警視庁に告訴があり受理になったという。そして、記事にした方がいいとアドバイスをもらった。用心するにこしたことはないので、報じることにした。
 万が一、この件で本紙・山岡が逮捕されるようなことがあれば、それは山岡が安倍晋三首相の自宅放火事件の闇を暴いた(冒頭写真=「日刊ゲンダイ」18年10月20日記事)ことに対する報復、すなわち国策捜査としか思えないからだ(+「ポスト加計」の国際医療福祉大学との訴訟も)。
 なぜか相変わらず高い内閣支持率を持つ安倍独裁政権においては何でもあり。逆のパターンでいえば、準強姦容疑で同じ警視庁から出ていた安倍首相ベッタリ記者の山口敬之氏の逮捕が見送られるという不可解なことがあったのは本紙でも既報の通り。
 結論を先にいえば、告訴したのは「青山メインランド」(東京都千代田区)の西原良三社長(下写真)。そして警視庁が受理したという。
 被告訴人は本紙・山岡の他、共謀した者が2名おり、それはあろうことか松浦大助グループの番頭格の松浦正親氏、それに総会屋の竹之内昌虎氏とのこと。この3人でつるんで1000万円ともいわれる金銭を恐喝したというのだ。
 その恐喝材料とは、本紙・アクセスジャーナルで昨年10月10日に報じた<芸能ミニ情報>。森友里恵が明かした買春相手が西原社長だったというネタ。
 確かに、本紙は竹之内氏に何とかならないかといわれ、同記事で当初「青山メインランドの西原社長」と記していた部分を「A社のNさん」とただ1箇所替えはした。だが、それは初めて会った竹之内氏から「お宅が専門の経済事件なら自分もいわないが、単なる下世話な下半身の話でしょう(それも記事に書いているように“未遂”)」旨しつこくいわれ、わずらわしくもあったので即、当日、変更したに過ぎない(+西原社長の写真を削除)。むろん、金銭授受はない。それがどう絵を書いたら恐喝になり得るのか1?
 そもそも本紙・山岡は竹之内氏とも松浦氏とも面識がない。それどころか、まず竹之内氏に関しては過去にも、その後も脅迫事件で告訴されたと報じている。一方の松浦氏に関しては彼が逮捕された(ただし不起訴に)「ストリームの株価操縦事件を徹底追及し、つい最近も「東レ」社長に闇金の取立て電話をした秋元司代議士の疑惑につき本紙だけが詳細を報じ、しかもその闇金業者は「松浦グループ」と唯一実名で報じている。
 ずっと敵対関係にある山岡が、なぜ竹之内氏、松浦氏とつるんで、しかも脅迫などという卑劣な犯罪をする必要があるのか!?
 まったく、ふざけるにも程があるというのが率直な思いだ。
 それにもし脅迫をし得るとしたら、それは竹之内氏、松浦氏ではなく、本紙にこのネタを提供した芸能プロダクション「NASAエンターテインメント」(東京都港区。現「NEWS PROMOTION」)の小林英雄社長だろう(*そもそも隠し立てする必要もないから、本紙は同記事に小林氏が原告の民事訴訟で出た話と記している)。
 ちなみに、安倍内閣に大きなダメージを与え得る疑惑の秋元代議士と、前科2犯で反社会勢力とも親しい塩田大介こと川崎大資氏は懇意。そして、この塩田こと川崎氏は、そもそも今回告訴したという西原社長の青山メインランドの出身。塩田こと川崎氏の結婚式に西原社長は出ていた
 国策捜査のやり方として、下半身ネタと共に反社会勢力が関係する恐喝ネタは、確かに信用失墜には持って来いだろう。
閲覧数 (51947)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (130)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 6月  »  »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
(1) 2 3 4 ... 8 »