お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2019/06/10
  • 執筆者: Yamaoka (4:00 am)

本当に国策捜査だったーーすでに他の被告訴人2人は事情聴取中。「見城マター」と警視庁筋(2)

カテゴリ: 安倍晋三
 新たな事実が判明したので報じる。
 まずは、そもそも今回、恐喝容疑で本紙・山岡らを警視庁に告訴したとされる「青山メインランド」の西原良三社長(下右写真)と、恐喝ネタになったとされる買春疑惑記事を本紙に提供、さらに安倍首相ーー見城徹ーー佐藤尊得各氏と繋がる人脈を持つ小林英雄氏(下左写真)とは昔からの知り合いで、しかも西原氏の方が強い立場にいるという。(冒頭写真の安倍首相の左が見城氏、後ろ右人物が佐藤氏)
 関係者が証言する。
「小林氏は88年3月に青山学院大卒後、NOVAインターナショナルに入社。当時、NOVAはあの有名なディスコ『マハラジャ』を運営。そこで小林氏はマネージャーをやっていた。ヴェルファーレのマネージャーも。当時はバブル期でいろんな人と知り合った。その1人が不動産の本業以外に芸能界に出資してそちらにも顔が効く西原さん。で、小林さんは『エイベックス』に入り、その後、独立して芸能プロダクションを始めるわけです。
 前に社長など務めていた『パールハーバープロダクション』、『ASCHE(アッシュ)』はあの特別背任事件で有罪になったカジノ狂いの井川意高・大王製紙前会長がスポンサー。現在の『NEWS PROMOTION』は覚醒剤と脱税で逮捕された『ダイナシティ』の中山諭元社長がスポンサー。皆、バブル時代に知り合ったと聞いています」
 今回の買春に関する証言が法廷で飛び出し、本紙が小林氏から教えられ(ただし、本紙・山岡が小林氏に会ったのは今回の件で初めて。しかも1度だけ)昨年10月10日に記事にしたもののイニシャルに替えたことから、いまさら何の必要性もないと思うのだが、この連載(1)で述べたように、弁護士も入れて西原社長と小林氏が、その証言が飛び出した訴訟(西原氏は一切関係ない)をカネを払うから取り下げるように話し合いを持つ席(昨年のこと)で、こんな会話があったという。
小林氏側「アクセスジャーナルの記事が出た後、馬とか、虎とかいう者(今回の脅迫容疑の被告訴人の1人とされる竹之内昌虎氏のこと)に記事を消すように依頼したんですか(山岡の報告に基き)」
西原社長「そんな依頼はしていない。私は反社会勢力とは一切、つき合いがない。そうだろう。そういえ!」
小林氏「はい!」
 複数の関係者の話を総合すると、西原社長は本紙・アクセスジャーナルに自分の名が出たことに弱り、「松浦グループ」の番頭格の松浦正親氏に何とかならないか、「山田」なる者を通じて依頼。1000万円を先に渡したとされる。
 しかし、本紙・山岡は「松浦グループ」を反社勢力であり、実際いろんな疑惑も出ているので何度も記事を書いている。いわば敵対する関係だ。
 そこで、正親氏同様、これまたまったく山岡とは面識がない総会屋の竹之内氏に正親氏が依頼。結果、竹之内氏が本紙・山岡に共通の知人を介して接触して来た。
 しかしながら、竹之内氏は警察が正式に反社会勢力と認定している人物だ。口が避けても、西原社長はそんな人物に記事揉み消しを頼んだとはいえまい。
 そこで恐喝されたこととし、また1000万円も渡しているのだから、本紙・山岡にそれなりのカネがいっていないわけがないと見て、安倍首相ーー見城徹ーー佐藤尊得各氏繋がりで小林氏側の利害と一致。西原・小林両氏が手を結び、今回の恐喝容疑での「国策捜査」が出て来たということか。
 竹之内氏にしつこく、しかも芸能界における下世話な(単純な)下半身ネタ(それも未遂の)なので旨いわれ、確かにいわれれば経済事件など主体の本紙としてはその通りで、わずらわしくもあり、西原氏の実名をただ一箇所書いていた部分を、竹之内氏に会った直後、小林氏にも了解を得てイニシャルに替えた(+写真を削除)だけ。
 それだけのことでなぜ、脅迫なのか?
 どんな絵を書いたらそんな容疑で、しかもよりによって松浦氏、竹ノ内氏と共犯となり得るのか本当に教えてもらいたぐらいだ。
閲覧数 (63525)
  • 2019/06/10
  • 執筆者: Yamaoka (1:08 am)

≪連載(135回目)≫アッシュブレインの資産運用ストラテジー 今週の相場展望(6月10日〜6月14日)&MY注目銘柄

■プロフィール 投資歴18年、出版社勤務の兼業投資家。投資に必要なのは、1に「メンタル」、2に「需給」、3に「ファンダ」だと考えており、勝ってもおごることなくたえず反省を繰り返し、安定して資産を増やす投資を心がけている。

≪先週の相場振り返りと今週の見通し≫
 先週金曜日の日経平均株価の終値は、21,885円と前稿比で+284円の上昇だった。先週は米国での利下げ期待が高まり、株価指数的には強めの動きとなったわけだ。
 しかも土曜の朝には日経平均CFDが、21,052円と大きく上昇して戻ってきている。加えて、米国市場の引け後には「10日に発動を予定していた対メキシコ関税は、無期限に停止する」との報道が出ているので、かなりの確率で月曜日は上昇して始まりそうだ。
 さっそく今週のストラテジーへと移りたい。
 先週の米国の株価をみると、水曜日の夜あたりからNYダウ(横写真)もS&P株価指数も、長期移動平均線である200日線を上回ってきており、需給で買える状況だ。
 ともなれば、日本株も200日線(21,764円)までとはいかないものの、75日線(21,455円)程度までの戻りが充分期待できそう。
 控えめな判断をするには理由があり、米国はFRBの利下げと量的緩和の期待だけで上がっている状況で、これにより円高圧力が増す日本株は、単純に追い風が吹くとは思いづらいからだ。
 とは言え、海外勢の日本株の売買動向をみると、現物&先物合計では2018年1月1週目以降、2019年1月2週目(※今年の最安値)までに▲13兆3288億円を売り越していたものの、足元では13兆8081億円の売り越しと、もはや年末年始の最悪水準を上回ってしまっている。そろそろ売り枯れとなり、「買い戻しを誘う」、と意識しておきたい。なんたって今週金曜日はメジャーSQである。先物の買い戻しの動きがでる、とみるのが自然であろう。
 そして「裁定取引高の推移」である裁定買い残の水準は、5月31日に7577億円と、前回報告比で−850億円の減少となった。
 発表されている6月5日までを筆者が試算すると、5863億円と大幅減少となっているのだ。この数字は、過去最低水準の信用買い残であることはもちろん、配当の再投資買いが多分に含まれるためこれ以下には減りづらい。よって、今週は買い目線で大丈夫だということ!
 注目セクターは、10月消費増税は既定路線となったため、内需(キャッシュレス関連)がよいと思われる。逆にこれ以外は思いつかない。外需関連は、メキシコ問題はひとまず決着したものの、米中貿易は最悪の状況が続いておりまだ早すぎる、とみたい。
 また買える方は、日経平均先物などは効率的だと思われるが、おそらくメキシコ関税中止報道を受けて週明け寄り付きは高く始まるだろうから難しい。そこで注目したいのはマザーズ市場。
 直近海外勢が買い越しを続けており、また例年6月に買われるアノマリーがある市場のため注目としたい。こちらも買うのならマザーズ先物が効率的か!?
 ただ、それも金曜日の寄り付きまでとしたい。今週はメジャーSQ週であり、SQを境に需給が変わり、株価は一方方向に振れやすくなる。いったん金曜の寄り付きで売却する、というストラテジーを脳に刻み込んでおきたい。
 ちなみに、筆者は今週の金曜日までは強気であるものの、来週以降は予断を許さない状況になる、と考えている。現在、7月に開催されるFRBでの利下げ期待確率は85.2%と、市場は完全に利下げを折り込んでいるようだが、これまでFRBは経済指標の悪化を確認し、後手後手に回りながら対策を打ちだしてきた。しかし、現在の米国の経済指標はマダラ模様の強弱入り混じる状況で、大きな景気後退になっているとはとても思えない。
 確かに、対中追加関税第3弾の影響が出始める7月の経済指標は、悪化が見込まれるがそれはまだ先の話。よって来週19日(水)に予定されるFOMCで、7月以降の政策金利の見通しを語ろうものなら、市場は騙されたとばかりに悲鳴を上げるだろう。

閲覧数 (57743)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (130)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 6月  »  »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
(1) 2 3 4 ... 8 »