お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2019/06/13
  • 執筆者: Yamaoka (10:38 pm)

<芸能ミニ情報>第82回 人気音楽グループメンバーが強制性交で取り調べか

 人気音楽グループのメンバーが強制性交容疑で、警視庁で取り調べを受けているとの情報が流れている。
具体的な所轄警察署の名も上がっており、信ぴょう性は低くないようだ。
 この容疑、聞き慣れないかも知れないが、以前「強姦罪」といわれていた。17年6月に改正刑法案が可決され成立。これにより被害者は男女問わず、また非親告罪になった。

閲覧数 (22396)
  • 2019/06/13
  • 執筆者: Yamaoka (2:07 am)

<主張>金融庁報告書受け取り拒否ーー「安倍政権は北朝鮮よりひどい」と怨嗟の声も

カテゴリ: 安倍晋三
 麻生太郎副総理兼金融担当相が6月11日、「95歳まで老後30年暮らすには約2000万円の貯蓄が必要(月5万円の不足のため)」との金融庁の報告書につき、「政府の政策スタンスと異なる」と受け取り拒否したのはご存知の通り。
 この庁トップが部下に報告を命じながら、少子高齢化が加速するなか、もはや「公的年金だけでは老後は暮らせない」という当たり前の事実を、いまさらながら認めたに過ぎないのに、安倍独裁政権を延命させたいという私欲だけのために、安倍首相・麻生副総理コンビは報告書受取拒否、すなわち公的年金制度は破綻していないとの報告書「改ざん」を命じたわけで、これには金融庁側からもさすがに「北朝鮮以上に独裁!」、「国民の生活をまったく考えていない」と怨嗟の声が出ている。
 実は関係者の間では、この「老後2000万円」の報告を出したことにつき、(1)事実をいまさらながら認めただけ、(2)クーデター、と2つの説が出ていた。
(1)なら事前に了解を得ているはずだから麻生氏が受け取り拒否するはずがなく、したがって、いまでは?のクーデター説が有力になっている。
 上の方針に従っていればいいという金融庁のヒラメ官僚さえ、もはや公的年金制度破綻は目前という現実の元、さすがにこれまで通り隠蔽しイキナリ破綻しましたでは当然ながら国民からひどいバッシングを受けるというわけで、どうにもならなくなりついに事実を追認したに過ぎないのだが、7月の参議院選挙で勝つことしか頭にない安倍・麻生コンビは、そんな当たり前のことを認めないわけだ。
 現実にはいまの41歳以下の世代が老後を30年暮らすには、いまより年金支給額はガタ減りするから3600万円の預金がいるとの試算まで出ているのにだ。
 ところが、麻生氏は麻生氏でこの5分あれば読める報告書の一部しか目を通さず、「生活水準が低い地元・筑豊で数人に聞いたが年金だけで暮らせるといっていた」旨のデタラメをいう始末。安倍首相に至っては、10日の参院決算委員会で、公的年金の積立金運用(GPIF)益は6年で44兆円に上がっているから公的年金制度は大丈夫とまったくの虚偽答弁をするのだから悪質この上ない。
「いいところ取りのデータでしょう。
 現実は昨年10〜12月のGPIFだけで14兆8000億円もの損失を出している。これは四半期単位では過去最大。運用資金(約150兆円)の約1割を一挙に失ったことになる。
 そもそも単純計算でいえば、年金は保険収入より支払い額が毎年7兆円不足しているから、このまま続けば15年でスッカラカン。それを補うには、GPIFで毎年15%の利回りを出さなくてはならないが現実的に無理だし、逆に大損する有様。その大損の原因だってたまたまではなく、アベノミクスの成果があると見せるため、わざわざリスクの高い株をGPIFで多量に買って株価を買い支えた結果でしょう。すでに公的金制度は破綻しています。この数年の間に抜本的見直しをしなければ、30年ごろには年金支給額がいまの半額なんてこともあり得ます」(金融庁筋)
 それなのに、繰り返すが政権延命の私欲のために問題ないと嘘をいえと指示を出す安倍・麻生コンビ。
 すでに出ている年金の「財政検証」の結果公表を参院選後に先延ばししたのも、先の14兆8000億円もの損失による年金給付額引き下げが選挙に影響しないためだ。
 しかも先の森友問題では、財務省から自殺者まで出させているのだ。
 これでは、「北朝鮮以上!」との声が出るのも無理はない。
 こんな暴走を、いったいいつまで続けさせるのか。
閲覧数 (25327)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (126)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 6月  »  »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
(1) 2 3 4 ... 8 »