お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2019/08/02
  • 執筆者: Yamaoka (10:51 pm)

<新連載>女占い師『愛川令章のForcast AI』(第3回)「れいわ新選組の舩後靖彦、木村英子両参院議員」

 筆者・あいかわ れいしょう。NPO法人日本テクニカルアナリスト協会会員CMTA。0学占星術師範。元銀行員、国際市場部でドル円での運用担当を経験、その後大手生命保険会社でライフコンサルタントを経て経済分析家として独立。
「夕刊フジ」上場企業社長占い45社、「夕刊フジ」年末年始号連続3年間など執筆多数。
 0学とはーー国の認可を受け特許を取得。02年度の国際文化栄誉賞・社会文化功労賞受賞。0学は1940年開祖・御謝山宇彦により「形而上学」及び「形而下学」を統合する学問として樹立された「運命分析学」のことを言う。

 今回は先の参議院選挙で「れいわ新選組」(代表・山本太郎氏)の比例区特定枠で初当選した重度障害者の2人を取り上げた。

●舩後靖彦参院議員を占う 

[姓名判断]
総格 41  大吉
天格 19
人格 22  凶
地格 22  凶
外格 19  凶
バランス運 吉

 総格の大吉運は50代から運気が発揮してくるものですが、他の人格・地格・外格は凶の運気を示しており、人格と地格の格数はなんと同じ22格数。これは病弱・困難を来するというものを持ち合わせており、外格19格数にも病弱が含まれ、どうしても人生の前半の困難さが引き寄せられているところが目につく運命数です。
 ただその運勢の歯止めとなるものが、バランス運の吉の運気です。この吉運は進歩向上、助力者が現ると暗示されており、さらに50代すぎから出始める総格の部位が、41格数と大志大業成す実力が備わる威力が出てきて、高名富栄を博するほどの幸運が導かれる運命数なのです。
 それがまさしく、今回の選挙結果だったのではないでしょうか。 
[0学占星術診断](生年月日は1957年10月4日の61歳)
木王星 海王星 鷲座 人気期生まれ
 とても強運の持ち主です。人生が180度変わることができる運気の持ち主。舩後議員の今年の運気は再開年。
 今までダメだったことでも、再度チャンスが巡ってくる年です。この年に結果を出せる方は相当前から自分は何かしたいという明確な意志が出ていないと実は早々には叶わないものです。したがって、今回のことは本当の努力の結果が訪れたともいえるでしょう。着実な結果を大きく出せるということは、地味で泥臭い努力が今の時代には本物のものとして求められており、それとのタイミングがぴったりだったのです。お身体は不自由ですが、これからどんどん叶えられなかったものが実をならしていくこととなるのではないでしょうか。
 陰ながら、さらなるご活用をご期待申し上げます。


●木村英子参院議員を占う

[姓名判断]
総格 25  吉
天格 11
人格 18  吉
地格 14  凶
外格 7  吉
バランス運 凶

 木村議員のお名前の地格数14とバランス運の凶がもたらす内容は幼少時代からの不運の遭遇に出会う確率が高く、それはまさしく脳に障害をもたらされるという暗示が出ています。
 14の格数に含まれているものに病弱、破滅の凶兆運があります。しかしながら、人格18の吉運は「志望は堅を破り難を乗り切り抜け名利を博すべき運気」と、目標をしっかり着実にもてていれば栄冠を得れる運気なのです。
 では外格7と総格25の吉の運命数といいますと、才能がもたらす人生の改革ありで、その総格の運気が開き始めるのは50歳すぎからです。したがって、今回の当選はチャンス到来と見ていいでしょう。

[0学占星術診断](生年月日は1965年5月11日の54歳)
土王星 天王星 蛇座 人気期生まれ

 この方の生まれた時の時代運は、健康という時代背景となっています。この時代での運気とこの名前からの格数を持ち合わせると何かしら影響を受けやすくなってしまう環境背景となっていました。
 姓名判断の地格が影響される時は36歳までですのです。これが基礎ベースとなり、なんとか年齢を重ねていくことで次の総格の25格の影響と今の時代運の経済というのが今年から始まり12年間すべてがバックアップされていく前途洋々の背景があり、それが今回の当選という結果に結びついているようです。
 では今年の運気は0年。人生での再出発点でもあります。ご自身の運命は人気期生まれの、舩後氏と同じく180度運気を変えて生きていける強い運気の持ち主でもあります。これからの時代を思う存分やりこなしていけて、すべての人があなたの周りを囲み始めるでしょう。
 ただ一つだけ注意しなければいけないことは意固地にならないこととこだわり過ぎないことです。頑固さがこの時代では足を引っ張る運勢を呼び寄せてしまいます。
 今まで叶えられないことだったことを一気にやりこなし、たくさん片付けていってください。

 以上のように、このお二人、ご活躍が大いに期待でき、注目度100%です。
閲覧数 (45086)
  • 2019/08/02
  • 執筆者: Yamaoka (8:34 pm)

<ミニ情報>本紙の買春疑惑記事につき1000万円恐喝の松浦正親ら起訴に

 本紙が既報、その後、実名をイニシャルに替えた「青山メインランド」西原良三社長の買春疑惑記事につき、本紙の預かり知らないところで勝手に「反社を使い(本紙)記事揉み消しを頼んだ」などと脅し、500万円の恐喝容疑で警視庁組織犯罪対策3課に逮捕されていた小林英雄、堀川嘉照両被告が7月30日、起訴になったのは本紙既報の通り
 同じ記事に関し、4日遅れて、同じく恐喝容疑で逮捕されていた松浦正親(冒頭写真)、山田広貴両被告の結果は、松浦被告は「松浦大助グループ」の番頭格だし、「国策捜査」という見方もあるなか、なおさら注目されていたが、本日、こちらも共に起訴されたという。
 一部メディアでは、記事がイニシャルに替わった直後、西原社長が松浦被告に謝礼を述べているとしか思えない、松浦被告のスマホのライン画面が掲載するなどして冤罪説を唱えていたようだが、それでなぜ、起訴なのか?
 一説では、その部分だけ取れば事実だが、その後、松浦被告らはさらにカネを取ろうとして、それで恐喝に問われたとの見方も出ている。
閲覧数 (43167)
  • 2019/08/02
  • 執筆者: Yamaoka (12:25 am)

あの「日本アムウェイ」の上級販売員、また“実質”詐欺で服役していた

 本紙では17年1月、連鎖販売取引(いわゆるマルチ商法)大手「日本アムウェイ」(冒頭写真は本社ビル。東京都渋谷区。売上高約1005億円、販売員約69万組。2016年度)の長野県塩尻市在住の上級販売員(当時)が詐欺で実刑になった件を報じている
 下位の女性販売員に対し、“奴隷状態”に置いて総額5000万円ともいわれる巨額をその20代女性から騙し取っていた極めて悪質な犯行で、そこにはマルチ商法特有の問題点も深く関係していたことから報じた。
 今回、新たに判明した、こちらは東京都稲城市在住の上級販売員らの犯行も、またマルチ商法特有の問題点も深く関係していた上、こちらの被害者は約440人、総額約26億円と巨額だった。
 ただし、こちら石崎康博氏(53。横写真は逮捕時のもの)は出資法違反に問われ17年10月、懲役1年半罰金150万円の実刑が確定したもののすでに刑期は終えている(主犯とされたもう1人は懲役2年罰金200万円)。
 16年2月の逮捕時は報道されたものの、なぜか新聞検索などしても判決についてはヒットせず、本紙は、つい最近報じた「東京福祉大学」後援会役員らの詐欺疑惑人脈を取材するなかで、石崎氏もその人脈に繋がり、被害者に話を聞くことが出来て判明した。
 それによれば、主犯とされたもう1人の実刑に問われた者は犯行を認め一審で判決確定。それに対し、石崎氏は一貫して犯行を否認し控訴、そのため判決確定はもう1人より1年半も遅かった。しかも被害者側によれば、実質、主犯は石崎氏の方だったという。おまけに民事訴訟の方で2億円近い支払い命令が出たもののまったく払われていないという。
 そんなわけで、本紙ではいまさらながらだが、報じることにした。

閲覧数 (43823)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (128)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 8月  »  »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
(1) 2 3 4 ... 8 »