お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2020/01/28
  • 執筆者: Yamaoka (11:00 pm)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(762)「日経」が報じた「アルヒ」FCにおける書類改ざん

 昨日の「日経新聞」(冒頭左写真=電子版)が、東証1部上場の不動産融資会社「アルヒ」(7198)のフランチャイズ店舗における投資用マンション融資で書類改ざんが少なくとも10件以上確認できたと報じている。
 昨年5月、住宅金融支援機構が自宅購入用に提供する長期固定低金利ローン「フラット35」を、本来の対象でない投資用マンション用に不正に転用している問題が発覚したが、そのフラット35販売首位がアルヒ。
 今回のアルヒの件は、この「フラット35」とは別件。とはいえ、年収300万円にも満たない低所得者を中心に、実際の年収より1・5から2倍もあるように書類を改ざん(会社の源泉徴収票なら私文書偽造、課税証明書から公文書偽造)して新生銀行系のクレジットカード・信販準大手「アプラスフィナンシャル」(8589。東証1部)の子会社「アプラス」から融資を受け、しかもまやかしの賃貸保証(サブリース。しかし当初から2年で打ち切りか)をすることで不動産価値を釣り上げ販売し、投資家を破綻(自己破産に追い込まれたケースもある)に追い込んでいるようだから、フラット35の悪用より悪質性はより高いといえるだろう。
 日経報道によれば、この1月下旬より、アプラスは事実関係を調査するため、アルヒ案件の受付を停止しているという。
 そして日経は具体的事例として、年収260万円の20代女性が年収650万円に書類改ざんし融資を受けたケースを紹介しているが、実はこのケース、すでにアクセスジャーナル本編の方で昨年7月、詳細を取り上げているので、これを機会に同記事もご覧いただきたい

閲覧数 (52171)
  • 2020/01/28
  • 執筆者: Yamaoka (4:36 am)

地元・下関市でもあった、安倍首相の異常な身内びいき(河井案里より露骨)

 自分の応援団招待の道具に使っていた「桜を見る会」から飛び火するかたちで、今度は昨年7月の参議院選挙で広島選挙区(定員2)から出て初当選した河井案里氏(45)に異常な肩入れをしていた問題が持ち上がっているのはご存知の通り。
 同じ身内のはずの自民党公認で6選を目指した溝手顕正元防災担当相(76)の10倍=1億5000万円もの実質、選挙資金を河井氏は自民党本部から回ってもらって楽々当選。一方の溝手氏は落選。 なぜ、新人の河井氏をそんなに手厚くしたかというと、溝手氏は度々、安倍首相に批判的意見をいっていたことから安倍首相は恨み骨髄だったとも。
 自民党は「問題ない」というが、この件、公選法違反以前に、一国の首相ともあろう者が、例え身内であろうが逆らう者、用済みの者は平気でパージする独裁ぶりこそが最も問題では。公金を使って私益を得たり、私憤を晴らすなど、首相の資格がないことは明らかだろう。
 実は同じようなケースが、安倍首相の地元・山口県下関市の17年3月の市議補選でもあった。たかが補選というなかれ。これが遠因と見られる、安倍首相の元秘書(山口県県議。自民党)が、地元のライバル・林芳正元文部大臣系の下関市市議を押し倒して骨折させ全治2カ月の重傷を負わせた傷害事件がその後の同年12月に起きてもいたのだ(18年3月、起訴猶予で不起訴に)。
 そして、こちらは河井案里氏のケース以上にいやらしいといえる。
というのは、安倍首相、自分の地元秘書を14年も務め、昔から自民党員の秋山賢治氏(47。新人)ではなく、下関市役所OB、それも労組出身、そして在日(帰化)の星出恒夫氏(60。新人)に自民党公認を与えたからだ。
 地元の関係者のほとんどは秋山氏が自民党公認になると見ていて、実際、秋山氏に入れた自民党関係者も多かったようでかなり接戦となったが、星出氏の方が5万3389票と約8000票の差をつけて当選した。

閲覧数 (50732)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (133)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2020 1月  »  »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
(1) 2 3 4 ... 8 »