お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2020/02/07
  • 執筆者: Yamaoka (11:48 pm)

「グローリーゲートクラブ」(GGC)−−あの仮想空間(エクシングワールド)黒幕らが仕掛けた新たなマルチ詐欺疑惑

 インターネット上の仮想空間で人気土地を取得し転売すると、実際の不動産取引のように大儲けできるなどを謳い、マルチシステムで全国約2万6000名から入会金名目などで約100億円集めたものの、その仮想空間さえまともにオープンできず、事件化した「エクシングワールド」という仮想空間マルチ詐欺事件をご記憶だろうか。
 この件、11年6月に事件化したのだが、本紙はその当時から、逮捕されなかった2人の黒幕につき実名で報じていた
 そして、その一方の「竹内秀樹」氏なる者は結局、逃げおおせただけでなく、同じような仮想空間(今度はショッピングモール)、さらには仮想通貨を発行し、これまたマルチ方式で、新たな商売を始めたことをキャッチしたので、15年10月、警告記事を報じていた
 今度は日本で直にやるとヤバイと思ったのか、「British Glory Gate Limited」(BGG)という英国の休眠会社を使い、これまた自分は代表や役員には就かず、日本においてそのコンサルティングをやっているというかたちでだ。
 BGGが、グループ企業の持つ金融プラットフォーム、各種ライセンスを武器とし、世界初のバーチャルタウン(空間都市)の運営に着手したと謳っていた、そのHPの名前は「グローリーゲートクラブ」(Glory Gate Club。GGC略)。
 以下では、竹内氏とコンビを組んでいる2人の中心人物を紹介する。
 そのうちの1人は、日本人なら誰でも知っているといっていい有名企業(むろん東証1部上場)の元代表取締役社長と親しく、その個人資産を引いていると指摘されていることから、今後の展開次第ではその企業ブランドが毀損される懸念もあるだろう。

閲覧数 (32069)
  • 2020/02/07
  • 執筆者: Yamaoka (2:52 am)

「桜問題」で浮き足立つ安倍首相ーー山口4区かられいわ・山本太郎代表出馬へ

カテゴリ: 安倍晋三
 2月4日、安倍晋三首相は2月8(土)、9(日)日と予定していた地元の山口県への帰郷を中止した。
 その直前の昨2月6日午後6時からは、「れいわ新選組」の山本太郎代表が、安倍首相の地元・山口県下関市の市民会館で講演会を開催。400名収用の中ホールは満員で入り切らず、急遽、隣のホールも借りて会場に入れなかった参加者にはモニターで見てもらうことに。そして講演後は、山本氏のツーショット写真撮影サービスに、会場が閉まる10時まで参加者が列をなす大盛況ぶりだった。
「2月1日には同じ市民会館中ホールで郷原信郎弁護士、寺脇研元文科省キャリアが、「桜を見る会」問題を国会で先頭に立って追及する黒岩宇洋衆議院議員(立憲民主)などをゲストに迎えて桜問題、それに下関版モリカケ問題=下関市立大学私物化問題のシンポジウムを開催。
 実は安倍首相は昨年、密かに12月解散、今年1月に衆議院選挙を考えていたようです。そのため、毎年恒例の1月に帰郷しての墓参りを兼ねての『新春の集い』を2月に延期。ところが、桜問題が新たに火を噴いたものだから解散は中止。すると、今度は新型コロナウイルスが発生し、その感染拡大への対応で結局、帰郷ができない事態に。思惑が裏目、裏目に出ている格好で浮き足立っている。そして、そんななかついに山本太郎がこの講演会での参加者の質問に答え“爆弾発言”をやったんです!」
 こう興奮気味に語るのは、この講演会に参加した野党関係者。

閲覧数 (34795)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (133)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2020 2月  »  »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
(1) 2 3 4 ... 8 »