お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2019/03/26
  • 執筆者: Yamaoka (3:08 am)

東京・代々木「地面師」詐欺未遂事件ーー所有者妻が、夫の成りすましと売却画策か

 東証一部上場会社「積水ハウス」が、東京・西五反田の土地売買を巡り、約55億円という巨額な代金を騙し取られた事件が世間の耳目を集めた。犯行を仕掛けたのが、複数の容疑者が役割を分担した地面師グループ。
 この“積水事件”同様、別の地面師グループが暗躍した案件が密かに進められていた。結局、これは未遂に終わり事件化こそしなかったが、その経緯、内幕が興味を引くのでレポートする。
 こちらの地面師グループが標的にしたのは、東京都渋谷区代々木1丁目の土地建物(土地約573平方メートル、建物約530平方メートル)で、所有者は80歳を超えるA高齢者夫婦だ。
 仕掛け人の中心は、3年ほど前に別の案件で、新宿区内で嘘の土地(約1000平方メートル)・建物(2階建て)売買を持ちかけて港区の不動産会社から9億円を詐取した件で実刑判決を受け服役、現在、保釈中の鯨井茂(52)。業界では広く知られる“大物地面師”だ。
 この鯨井は言わば主犯格で、これには先の積水事件と同じ構図で複数の人物が登場する。渋谷区で「A」なる会社を経営するT氏もその一人。T氏をよく知る人物によると、鯨井とT氏はかつて西池袋のアパート売買で、コンビを組んで仕事をしたことがあるという。
 つまり両者は古くからの仲間で、今回の事件では鯨井は影の存在として主導し、T氏が前面に出て動いたものと目される。というのも売買契約の買主がこのT氏が経営する前出「A」になっているからだ。

閲覧数 (671)
  • 2019/01/26
  • 執筆者: Yamaoka (10:39 pm)

発見ーーカミンスカス「積水ハウスマネーマンション」2棟への不可解融資

 海外逃亡したものの強制送還となり、1月11日、ついに警視庁捜査2課に偽造有印私文書行使などの疑いで逮捕された「積水ハウス」地面師事件の主犯格・カミンスカス(小山)操容疑者(冒頭写真。59)。既報道によれば、容疑を否認しているという。
 しかし、だとすれば、なぜ、正業もないはずの彼が2棟の高級マンションを所有できるのか!? 何しろ、この両マンションを彼が購入したのは17年7月と8月。すなわち、騙された積水ハウスが地面師グループ側に63億円(実際の損失は約55億円)を17年6月までに支払った直後のことなのだ。
 その1棟は、東京都江東区内のウォーターフロント地区に建つ、まだ築4年ほどの超高層分譲マンション(下右写真。33階建)の29階の一室。
 もう1棟は同台東区内の、こちらも超高層分譲マンション(横左写真。37階建)の32階の1室。こちらは築7年ほど。
 小山容疑者は江東区の方のマンションは一時自宅代わりに、台東区の方は、大手マスコミ既報のように彼は大の外国人クラブ好きだったわけだが、近くにもそんな店があり、そこでお目当ての子などとのプレイルームとしても使っていたようだ。
 前者は約80、後者も約74平方メートルと、我々庶民からすれば家族連れでも十分な広さを有している。
 それだけに、カミンスカス容疑者がこの2棟も購入するために投じた額は約2億円と見られる。
 以上のように、その購入時期、その額などから考えて、この両マンションはまさにカミンスカス容疑者の「積水ハウスマネーマンション」と呼んでいいだろう。
 一部報道では、カミンスカス容疑者はさらに複数の不動産を積水ハウスマネーで購入、また、それら不動産をフィリピンに逃亡する前に売却して逃亡資金を作ったともいわれるが、本紙が確認しているところでは彼の積水ハウスマネーマンションはこの2棟だけ、そして売却はされていない。
 ただし、両マンションを担保に、逃亡資金も調達していた可能性は高い。となれば、その融資元の社会的信用が問われかねない。その融資元とは、ある信金だったのだ。

閲覧数 (223332)
  • 2018/11/23
  • 執筆者: Yamaoka (6:16 pm)

「積水ハウス」地面師詐欺事件ーーついに逮捕された土井らが現金を運び込んでいたビル

 大手マスコミ既報のように11月21日、警視庁捜査2課は、約55億円の被害を「積水ハウス」(1928。東証1部。大阪市北区)に与えた地面師詐欺事件の主犯の1人と見ている土井淑雄(63)容疑者を逮捕した。
 偽造有印私文書行使と電磁的公正証書原本不実記録未遂の容疑。土井容疑者は行方をくらませていたが、港区区内の知人宅を訪ねたところを逮捕されたという。
 同事件の主犯は土井、内田マイク、小山(現・カミンスカ)操の3人と見られている。内田マイクは別の地面師詐欺で服役中であるところを11月20日に逮捕されているから、これで主犯でまだ逃亡中なのはフィリピンに出国した小山容疑者だけとなった。
 土井容疑者の逮捕を契機に、一部大手マスコミでは、騙取した約55億円の内40億円の現金を一時、墨田区内のビルに運び込んでいたとか、同ビルに地面師グループメンバーが出入りしていたことから今年7月に家宅捜索していたなどと報じているが、そのビルとは、本紙で何度も取り上げている「サハダイヤモンドビル」(横写真)を指す。
 ただし、かつて上場していたダイヤモンド販売会社「サハダイヤモンド」はこの11月に転居したし、ビル所有者も変わっている。
 本紙がこのビルに拘るのは.

閲覧数 (367690)
  • 2018/11/07
  • 執筆者: Yamaoka (7:35 pm)

「積水ハウス」地面師詐欺事件ーーもう1人の主犯は国内逃亡中

 本紙は10月30日、「『積水ハウス』地面師詐欺事件で捜査情報を漏らした!? 警官の正体」というタイトル記事を報じている
 主犯(首謀者)と見られるカミンスカス(旧姓小山)操と土井淑雄(63)の2人に触れるなかで、フィリピンに逃亡中の小山同様、土井も海外逃亡中と書いたが、これは誤り。訂正するとともにお詫び申し上げます。
 土井は警官の捜査情報漏えいのお陰で一斉逮捕こそ免れ行方をくらませているものの、しかし国内で止まっているとのことだ。
また、横写真(「産経」10月28日記事より)のように、カミンスカス(小山)のように土井の実名は上げられず「会社役員の男」とされているが、この違いに何なのか?
「土井にも既に逮捕状が出ているとの情報もあります。ただ、土井は小山や他の既逮捕者と違って実行犯ではなく、裏で事件の絵を書いた疑いのある人物。ですから、まずは実行犯の供述を得て、その上で逮捕予定のマークしている人物ということで実名を出していない可能性もあります。ただし、捜査員が土井の出入り先を徹底して当たり事情を聞いているのは間違いありません」(警視庁筋)
 では、この一番の事件のキーマンとも見られる土井とは、いかなる人物なのか。

閲覧数 (353920)
  • 2018/10/17
  • 執筆者: Yamaoka (9:42 pm)

注目!−−「積水ハウス」地面師事件と本紙追及「新橋地上げ(変死)」事件との接点

 本紙は昨年まで、「新橋地上げ(変死)」事件を精力的に追及していた。
 あの後藤忠政元後藤組組長の関与も見られるからだ。
 そうしたなか、昨年8月、大手住宅メーカー「積水ハウス」(1928。東証1部。大阪市北区)が東京・西五反田の土地取引を巡って約55億円騙し取られた事件が浮上。
 そして昨10月16日、警視庁捜査2課は偽造有印私文書行使などの容疑で地面師グループ8名を逮捕したわけだが、この間、本紙ではこの地面師詐欺事件と、本紙追及の新橋地上げ(変死)事件とは接点があると報じていた
 そして、今回の逮捕で、それは間違いことがハッキリした。
 というのも、今回逮捕した8名のなかには主犯格と見られる佐藤隆容疑者もいるが、彼は新橋地上げをやっていた「京栄商事」(東京都港区)の代表に就いていた人物だからだ。
 すでに逮捕状を取っている同じく主犯格と見られるカミンスカス(旧姓・小山)操容疑者(海外に出国)は、旧後藤組関係者と来ている。(この記事中のK氏=小山容疑者)
 振り返れば、高橋礼子さんが変死したのは新橋の地上げ絡みとも見られている。新橋の方は地面師事件ではないものの、不動産絡みであることは共通。したがって、不動産に絡む共通の事件屋が介入していたとしてもおかしくない。
 実際、前出・京栄商事の関係者は、今回の西五反田の物件購入話が持ち込まれたことがあったという。

閲覧数 (326311)
  • 2018/06/28
  • 執筆者: Yamaoka (8:02 pm)

<ミニ情報>「積水ハウス」地面師詐欺事件、近くXデーか!?

 大手住宅メーカー「積水ハウス」(1928。東証1部。大阪市北区。冒頭写真は本社入居ビル)が、巨額の地面師詐欺事件に遭ってからすでに1年が経過している。しかし、未だに犯人は誰一人として捕まってない。
 そんななか、本紙の元にはここに来て一挙に有力情報が寄せられ、Xデーが近いようだとの情報が、不動産関係の裏事情に精通する人物から寄せられた。
 その人物によれば、あの大物地面師で服役中のマイク内田がキーマンだという。どういうことか?

閲覧数 (306672)
  • 2017/11/29
  • 執筆者: Yamaoka (2:19 am)

あの新橋地上げ(変死事件も)に新展開か!?

 本紙は東京・新橋の地上げを巡る件(その一部土地所有者の高橋礼子さんが変死体で発見される)を徹底追及しているが、近く新展開があるかも知れない。
 警視庁捜査2課は11月8日、ホテルチェーン大手「アパグループ」(東京都港区)の関連会社に、東京・赤坂の土地の売却話を持ちかけ、所有者を装って不正に登記申請したとして、会社役員、宮田康徳容疑者ら9人を偽造有印公文書行使などで逮捕した。アパグループの関連会社は購入代金約12億6000万円を支払っており、当局は詐欺容疑でも追及している(本日、再逮捕の模様)。
 この件は、例の「積水ハウス」が騙された事件からほどなく、また巨額の損害が発生しているから大々的に報じられたので多くの読者はご記憶のことだろう。
 首謀者は前出・宮田容疑者らであり、また9人も一度に逮捕されたことから、大半の報道では「その他」とされ実名報道されなかったが、その逮捕者のなかには本当の所有者の成りすまし役として秋葉紘子容疑者(73)もいた。
 本紙では慎重を期してこれまで報じなかったが、やはりその秋葉容疑者が、新橋地上げでも高橋礼子さんに成りすましていた可能性が高いと思われるので追加報道する。
 これが事実なら、この新橋地上げの件も事件化、高橋さんの不可解な変死の真相も明らかになるかも知れない。(*以下に、注目のパスポート写真を公開)

閲覧数 (368565)
  • 2017/09/29
  • 執筆者: Yamaoka (1:50 am)

提携先社長が告白ーー詐欺的投資用マンション販売会社の手口

 金融商品の金利低迷、年金不安などを背景に、資産運用に繋がるとして投資用マンション購入を勧める会社が多数存在する。
 売り込みの際、まずいわれるのが、資金を持ってなくても、銀行ローンを組めば、うちが家賃保証するから、月々の持ち出しは数万円(1室の場合)で済むというもの。
 当初は確かにそういうケースもあろうが、年数が経つと共に資産価値は目減り=家賃収入が減るので、ほどなく大幅な持ち出しになる。だが、そういうマイナス情報はキチンと伝えないケースは多い。
 それどころか、本紙でも既報のように、デート商法の「マンハッタンインベストメント」(「ベンチャーインベスターズ」に社名変更。東京都中央区)、また、顧客と訴訟になっている「プライムエージェント」(同「アセットイノベーション」。東京都新宿区)など、問題が表面化しているところも少なくない。
 そして、今回取り上げるのは「未来レジデンス」(山本健太社長)なる大阪市中央区の会社(冒頭写真は入居ビル)。
 設立は12年10月。企業信用調査会社データによれば売上高は15年9月期で約10億円と、前出のプライムエージェント(約60億円)などに比べれば規模は大きくない。
 それでも本紙が取り上げるのは、通常、問題が表面化するのは顧客が騒いでからだが、こちらのケースでは、販売で提携していた会社社長が告白しているからだ。
 その提携先会社社長とはT社のO社長。
 O社長も、未来レジデンスの山本社長も、年商約90億円と大手に属する同業のN社(大阪市北区)の出身。N社といえば、マッチこと近藤真彦率いるレーシングカーチームのスポンサーとしても知られる。
 このO社長に至っては、販売委託を受けてもなければ、むろん自社物件でもない投資用マンションを販売し、その手付け金名目でカネを騙し取るというもろに詐欺行為も働いて刑事告訴寸前に。その被害者との話し合いのなかで、実は未来レジデンスと提携もしていたとして告白したのだった(上写真は告白するO社長)。

閲覧数 (302556)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (124)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 3月  »  »
24 25 26 27 28 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6
(1) 2 3 4 ... 8 »